仮想通貨はバイナンス(Binance)がオススメ!

仮想通貨を運用するなら日本の取引所とバイナンスを利用するのが鉄板です。バイナンスは圧倒的な規模と多彩なサービスで世界的に認められている信頼できる仮想通貨取引所だからです。

 

バイナンスで運用するまでのフロー

国内取引所

①日本円を入金する

②送金用の仮想通貨を購入

↓送金

バイナンス

③入金

④各種運用

 

日本円の入金と仮想通貨の送金は国内の取引所から行い、運用自体はバイナンスで行うことになります。

 

 

バイナンスについて

Binance(バイナンス)とは?メリットとデメリットを解説

国内の取引所では日本の法規制で実現不可能な高利回りトレードが採用されているからです。

 

しかし、バイナンスに関する規制の懸念も過去に浮上しています。

 

規制

【日本禁止の前兆?】バイナンスは違法扱いで規制されるのか?

実態的には、日本金融庁から警告を受けたことはありますが、今後を見据えてしっかりと対応しており、現段階では心配の必要はありません。

 

口座開設

Binance(バイナンス)の口座開設方法【2021年本人認証必須化!】

何はともあれ、バイナンスの口座開設をしなければ何も始まりません。

 

“バイナンスの口座開設”

 

本人確認

【必須化!】バイナンスの本人確認は危険なのか?

これから口座開設をする人は、本人確認が必須となっています。

 

セキュリティ

【完全把握!】バイナンス(Binance)のセキュリティ12種

合わせて、どのようなセキュリティを行なっているのかも知っておいた方がいいです。

 

バイナンスに送金

コインチェックからバイナンスに送金【詳細スクショ付き】

バイナンスで運用を行うには、まずバイナンスに資金を送金する必要があります。日本の取引所からコインを送金しましょう!

 

クレジットカードで購入

バイナンスでクレジットカード決済するメリットとデメリット【できない時の対処法】

または、クレジットカードで直接バイナンスで購入することも可能です。

 

バイナンスに資金が準備できたら、具体的な運用方法を見ていきましょう!

 

①ウォレット ②取引所 ③DEX
安全性
収益性
運用種類

 

仮想通貨の保管がどこかで、3つに大別されますので、順番にご紹介しますね!

 

 

① ウォレットで運用(最も安全!)

 

保管だけでなくトレードを含めるならば、バイナンス公式ウォレットであるトラストウォレットがオススメです。

 

トラストウォレットは、取引所に仮想通貨を預けて運用するのではなく、ご自身のスマホアプリに保存しておくことができます。

 

ウォレットで運用

【基礎知識】バイナンス公式ウォレットで安全運用!

→ トラストウォレットでの運用種類は多くありませんが、ハッキングやサーバーダウンの心配が少なく安全に運用することができます。

 

※トラストウォレットは入金アドレスを持っているので、国内取引所からダイレクトにここに送金できます。バイナンスを介しても、手数料による損失は無いに等しいほど大したことありません。

 

 

② 取引所で運用(通常運用)

 

バイナンス自体に仮想通貨を保管して、バイナンスのサービスによりトレードする最もスタンダードな方法です。

 

バイナンスはサービスの種類が多く、どれを使ったらいいのか分からなくなりそうですが、基本的には銘柄を選ぶということが軸になります。

 

多彩なサービスの種類については、以下の通りです。

 

バイナンスでステーキング

Binance(バイナンス)でステーキングする方法【安定の資産運用】

→ 一定期間、仮想通貨を預けて高い金利を得ます。

 

バイナンスでセービング

【金利1万倍!?】バイナンスのフレキシブルセービングと定期セービング

→ 好きな期間だけ仮想通貨を預けて金利を得ます。

 

バイナンスでプールマイニング

【年利200%超?】バイナンスのマイニングプールとは?

→ ご自身のPCで仮想通貨のシステムに貢献することで報酬を得るマイニングも、バイナンスを使えば良い塩梅で運用ができます。

 

【バイナンスプール】GPUマイニングにおすすめのソフト「minerstat(マイナースタット)」

→ バイナンスのプールマイニングのアカウント作成をしたら、具体的なマイニングソフトの設定をしましょう!

 

バイナンスで仮想通貨の先物取引

バイナンス先物取引(BinanceFuture)のやり方

→ 少しややこしいシステムですが、レバレッジ20倍と大きなトレードが可能です。

 

バイナンスでマージントレード

Binance(バイナンス)のマージントレードのやり方【仮想通貨レバレッジ】

→ 先物取引より簡単なシステムでレバレッジをかけれます。ただし、先物よりレバレッジは低く3〜10倍となっています。

 

バイナンスでNFT

【バイナンスNFTのやり方】12歳で4000万を稼ぐNFTの魅力と可能性とは?

→ また、仮想通貨のシステムを利用して、デジタルアートの資産価値を担保するNFTも購入することが可能です。参入者はまだまだ少ない界隈なので、今後注目を集めて参入者が増えれば、アートの価値も上がっていくことが見込まれます。

 

バイナンスでDeFi

DeFi運用はバイナンスがオススメ!プールやステーキング方法など

→ バイナンス取引所でDeFi運用も可能ですが、取引所に頼るDeFiは「みなしDeFi」です。

 

本格的なDeFiは次の「DEXでの運用」をご覧ください。

 

 

③ DEXで運用(高利回り流行中!)

 

DEXはバイナンス本体の取引所ではなく、さらに別の取引所で運用することになります。

 

そのため、国内取引所からバイナンスに送金したら、さらにDEX取引所に送金することになります。

 

資産を遠くまで動かすことになりますが、その分恩恵も大きく、最も話題となる大変人気のあるトレードです。

 

DEXでLPトークン【DeFi】

【DeFi】PancakeSwapでCAKEを収穫して稼ぐ方法①【基礎知識】

→ メタマスク という専用ウォレットを作成し、これをバイナンスのシステムと連携させて運用します。バイナンスと連携すれば、話題のDeFiであるパンケーキスワップ が取り扱えます。

 

【DeFi】PancakeSwapでCAKEを収穫して稼ぐ方法②【詳細手順】

→ リキッドペアというトークンを発行して、魔界とも呼ばれる高利回りトレードが可能です。

 

DEXでPOOL【DeFi】

【DeFi実績】PancakeSwapのCAKEをPOOLして複利運用

→ シンプルにケーキを預けて金利という形で利益を貰うことも可能です。私がオススメです。

 

また、メタマスクウォレットは、マイナーな草コインも専用アドレスを追加することで扱うことができます。

 

スマホ機種変更

【必須!】バイナンス利用者がスマホ機種変更前に把握すべきこと

→ 最後にあなたがお持ちのスマホを機種変更する場合は注意が必要なので、知らない人は1度確認しておいて下さい。

 

 

まとめ:仮想通貨はバイナンス(Binance)で運用しよう!

 

登場した関連記事をまとめます。

 

・バイナンスの口座開設

Binance(バイナンス)の口座開設方法【2021年本人認証必須化!】

 

・バイナンスに送金

コインチェックからバイナンスに送金【詳細スクショ付き】

バイナンスでクレジットカード決済するメリットとデメリット【できない時の対処法】

 

・ウォレットで運用

【基礎知識】バイナンス公式ウォレットで安全運用!

 

・バイナンス取引所で運用

Binance(バイナンス)でステーキングする方法【安定の資産運用】

【金利1万倍!?】バイナンスのフレキシブルセービングと定期セービング

【年利200%超?】バイナンスのマイニングプールとは?

【バイナンスプール】GPUマイニングにおすすめのソフト「minerstat(マイナースタット)

バイナンス先物取引(BinanceFuture)のやり方

Binance(バイナンス)のマージントレードのやり方【仮想通貨レバレッジ】

DeFi運用はバイナンスがオススメ!プールやステーキング方法など

【バイナンスNFTのやり方】12歳で4000万を稼ぐNFTの魅力と可能性とは?

 

・DEXで運用

【DeFi】PancakeSwapでCAKEを収穫して稼ぐ方法①【基礎知識】

【DeFi】PancakeSwapでCAKEを収穫して稼ぐ方法②【詳細手順】

【DeFi実績】PancakeSwapのCAKEをPOOLして複利運用

 

・予備知識

Binance(バイナンス)とは?メリットとデメリットを解説

【初心者用解説】バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴と活用事例

【日本禁止の前兆?】バイナンスは違法扱いで規制されるのか?

【必須化!】バイナンスの本人確認は危険なのか?

【完全把握!】バイナンス(Binance)のセキュリティ12種

【必須!】バイナンス利用者がスマホ機種変更前に把握すべきこと

 

興味のあるタイトルをご覧ください。

 

というわけで今回はこれで以上です。

 

 

© 2021 『自由の翼』PCライフ