仮想通貨

【2021年11月】バイナンス先物クイズの答え

バイナンスの先物取引を行うには、14問のクイズに答えなければなりません。本記事では2021年11月時点でのクイズの答えをご案内しています。参考にしていただければと思いますが、ご自身でも理解しながら、ご利用されることをオススメします。また、クイズは定期的に変更されますので、本クイズが古くなったとしても、基礎知識を養うために力試しをしてみて下さいね!

 

目次

1.先物取引を行った場合の最大損失額とは?

① すべての先物ウォレット残高

② 先物ウォレット残高の半分

③ 私はお金を失うことはありません

 

答え ① 証拠金がなくなると強制ロスカットされます。

 

 

2.先物残高を清算する場合、どのような価格を基準にしますか?

① 最新価格

② 最終価格

③ マーク価格

 

答え ③ マーク価格は複数の取引所の価格データを組み合わせて算出されますので、価格操作を防ぎます。

 

 

3.先物が強制的に清算された後、ポジションの損失に加えて、保険清算料(=ポジションの名目価値*清算手数料率)が発生し、お客様の先物ウォレットの残高がゼロになってしまう可能性があることをご存知ですか?

① いいえ、保険清算手数料の計算方法はわかりません。

② はい、保険清算手数料の存在と計算方法および、残高がゼロに戻る可能性のあるリスクについて認識しています。

③ いいえ、清算によって先物のウォレット残高がゼロに戻ることは知りません。

 

答え ② 問1同様ですが、手数料の発生に対しても残高を意識する必要があります。

 

 

4.各先物の注文数には上限があります。どのようなアクションをするべきでしょうか?

① 最大数量制限に達すると、注文は失敗します。エラーが報告されます。現時点で、同じ数量の注文を続けてみて、システムがエラーを報告し続けるようであれば、バイナンスプラットフォームを非難すべきです。

② 最大数量に達すると、注文は失敗しエラーが表示されますが、何度も挑戦すれば、正常に注文が完了すると思います。

③ 最大数量制限に達した場合、注文は失敗し、エラーが表示されます。この時点で、注文をいくつかの小数量に分割する必要があります。

 

答え ③ 確実に注文できる数量から徐々に最大数まで詰めていくと良いです。

 

 

5.ストップマーケット注文を使用する場合、次のうちどれが適用されるでしょうか?

① 取引価格はトリガー価格と近い必要があります。

② ストッププロフィットとストップロス価格のトリガー後は、成行価格で即時に取引が実行され、取引価格がトリガー価格と一致しない場合があります。

③ 取引価格はトリガー価格より大きい必要があります。

 

答え ② ストップマーケット注文では、トリガー価格(指定した価格)に達したら成行注文されます。トリガー価格と取引価格は同じになるはずですが、成行注文なので一瞬の変動で完全に価格が一致しない可能性があります。その代わりに即座に決済されます。

 

 

6.ストップリミット注文を使用する場合、次のうちどれが正しいのでしょうか?

① ストップ決済価格およびストップロス価格のトリガー後、注文はすぐに指値価格に設定されますが、価格が変動したため、指値注文が必ずしも満たされるとはかぎりません。

② 指値注文は、上場後に実行されます。

③ 指値注文が上場後は、実行されません。

 

答え ① ストップリミット注文は、トリガー価格(指定した価格)に達したら指値注文されます。指値注文なのでマーケットボードに取引価格がオーダーされますが、一瞬の変動で決済されない(満たされない)可能性があります。そのため、トリガー価格をずらして取引価格をマーケットボードにオーダーさせることも可能です。

 

 

7.先物取引を行う上で、どのような行為を避けるべきですか?

① 厳格な規律、良好なストップロス、自己責任での勝敗を含めた合理的な利益とリスク。

② 先物トレードの基礎知識や関連記事をバイナンスのウェブサイトでご紹介しています。

③ 強いギャンブル依存症、トレーディング依存症、継続的な損失、他者を非難すること。

 

答え ③ 冷静さを失うトレードは避けるべきです。

 

 

8.先物取引を継続するために、私は:

① 先物取引のルールとリスクをまだ理解していません。先物取引には不向きです。もっと先物取引の基礎知識を学ぶべきだと思います。

② 先物取引を行う際のルールとリスクは理解しており、取引で発生した損失はプラットフォームに関係なくお客様自身の責任であることに同意します。

③ 先物取引のルールとリスクをまだ理解していません。私は先物取引には不向きです。しかし、インターネット上の投資アドバイスに従えば、利益が得られると確信しています。

 

答え ② 先物取引に関わらず投資は自己責任です。

 

 

9.ネットワークの遅延、システム障害、その他バイナンス先物サービスの実行の中断または逸脱につながる可能性のあるその他の要因により、バイナンスはバイナンス先物サービスシステムが効果的に実行されることを保証するために商業的に合理的な努力を行いますが、保証するものではありません。バイナンスは、上記の要因により、最終的な実行結果については債務不履行の責任を負いません。

① 同意する

② 同意しない

 

答え ① 世界最大の取引所とはいえ、サーバーダウン等のリスクはゼロではありません。ダウンタイムの間におけるレート変動など責任を問うことはできません。

 

 

10.利益と損失(PnL)は、次の式によって計算されます:

① 先物トレードは利益を生むだけで、損失は発生しません。

② 私の注文の未実現損益および損益。

③ ポジションのクローズ後、始値と終値に応じて実際の損益を計算します。

 

答え ③ PnLとは損益のことで、未実現も実現もどちらの意味も含みます。②は注文というよりもポジションだと正解と思われますが、③の内容に誤りはありません。

 

 

11.恒常的な取引に失敗した場合、以下のことを行う必要があります:

① 元の操作を繰り返し試行します。

② ネットワークを確認し、顧客サービスの情報を保持します。

③ ネットやグループ内でネットユーザーが提案したことに従ってください。

 

答え ② 無闇に操作すると重複注文などの恐れがあります。また、詐欺や価格操作の可能性に警戒することは重要です。

 

 

12.先物手数料は以下の通りです:

① 現物と同様に、取引手数料のみ必要です。

② ポジションには、注文手数料に加え、資本費用や清算費用がかかります。

③ P2Pと同様で、取引手数料のみ必要です。

 

答え ② 取引(注文)手数料に加えて、資本費用として資金調達率という手数料が発生します。資金調達率は現物価格との整合を取るための手数料で、ポジションを保有しているだけで8時間毎(1日3回)の0.03%(1日0.1%)程度の手数料が発生します。また、自動清算(証拠金率が100%を下回る場合)される場合は清算費用がかかります。

 

 

13.コインマージン先物取引では、証拠金として使用できる通貨の種類は次のとおりです:

① USDTマージンウォレットの通貨。

② この先物の通貨。

③ コインマージンウォレットの通貨。

 

答え ② ウォレットの通貨であればなんでも良いというわけではなく、各々の先物の通貨が使用可能。

 

 

14.バイナンス先物のサービスが停止した場合、お客様は「すべてのポジションをクローズ」機能を使用して、すべての注文をキャンセルし、すべてのオープンポジションをクローズすることができます。ただし、予測不可能な要因により、本機能の最終的な実行結果がお客様の期待と異なる可能性があり、バイナンスは最終的な結果に対して責任を負いません。

① 同意する

② 同意しない

 

答え ① 予測不能のサービス停止が継続する場合、全ポジションクローズが可能です。しかし、その時の情勢が自分にとって都合が良いという可能性は限りなく低いです。

 

 

\ 手数料10%割引特典付き  /

“バイナンスの口座開設”

 

 

 

-仮想通貨
-,

© 2021 『自由の翼』PCライフ