投資関連

「窓埋め」という現象【トルコリラ版】

2019年6月24日(月)のトルコリラ

日本市場においては、窓開けでスタートしました。

この窓開けが起きると、窓を閉めるという逆現象である「窓埋め」が起きる可能性が高いらしいのです。

「開けたら閉める約束げんまん」なんて言ったりするらしいです。

なんかちょっと怖いですね(汗)

しかし・・・

結果的には、当日の夜にきっちり窓が埋まっていました。

トルコリラの窓開け【2019年6月24日(月)】

まず、この日の窓開けの原因ですが、

前日の日曜日に、イスタンブール市長選再選挙が行われ、大統領派閥が敗退しました。

これを受けて民主主義への流れが好感され、トルコリラの上昇窓開けが見込まれました。

(その他の原因については、トルコリラの窓開けを参照。)

 

日本市場が動き始める前

朝の4:00から、チャートが動き始める口座Sでは、すでにその前触れが起きていました。

以下が、その時のチャートです。

18.42円から18.66円へと、一気に20pipsの上昇が読み取れますね。

日本の業者は、朝6:00頃(サマータイム)に、動き始めるのですが、この前触れ通り上昇の窓開けでスタートしました。

ちなみに、窓開けのことを英語で「GAP(ギャップ)」というので、上昇窓開けを「ギャップアップ」、下降窓開けを「ギャップダウン」とも言います。

 

ちょうどこの部分が、今回の上昇窓開け(ギャップアップ)です。

前日終値18.39円から24日始値18.66円と、実に27pipsの上昇窓開け(ギャップアップ)です。

トルコリラの「窓埋め」【同日夜】

そしてこの逆現象である窓埋めということは、この後に18.39円まで下降するということですね。

 

このような窓開け市場スタートと同時に、成行注文をして窓が埋まるのを待ち利益を得るという「窓埋め専門の投資家」もいるとのことです。

朝一時点では、スプレッドが広いという欠点があり、この頃で6pipsのスプレッドだった他のトレーダーさんの記録があります。

それでも窓が埋まれば、21pips分の利益になるので、取れたら大きいのではないでしょうか?

 

管理人は、サヤ取りを運用中なので寄り道はしませんが、値動きの参考にはなると思い意識的に観察しました。

 

果たして本当に「開けたら閉める約束げんまん」なのでしょうか?

 

以下が、実際の6月24日全般のチャートです。

22時30分頃(矢印箇所)に注目!

半日以上を費やしていますが、ガチ約束守ってますねえ〜!

まさしく窓埋め終了です。

「窓埋め」の扱い【サヤ取り】

24時間以内に埋まるとか、1月以内に埋まるとか、色々な諸説がありますが、大して根拠はないようです。

埋まる割合が高いとはいえ、埋まらずに1年経過するケースもあるそうです。

※必ずしも窓が埋まるとは限りません。

 

サヤドラーにとっては、

あくまでも、サヤ取りを行う上での値動きの参考とする。

これに尽きると思います。

 

今回の記事は以上です。

-投資関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE