運用実績

3月16日 サヤ取りの運用に向いている FX口座の条件

サヤ取りの運用に向いている FX口座の条件があります。

--------------------------------------------------------------------

1.スワップが高い&低い
2.スプレッドが狭い
3.1000通貨単位以下の注文ができる
4.未決済ポジションでもスワップの出金ができる


1.スワップが高い&低い
当然のことながら、できるだけ買いスワップが高く、できるだけ売りスワップが低い方がサヤ取りの利益が大きいです。最も優先すべき事項と言えるでしょう。

2.スプレッドが狭い
スプレッドによってポジションを持った瞬間に赤字がでます。
毎日、サヤ取りスワップ益がありますが、このスワップ益がスプレッド赤字をまくるまでの日数はスプレッドが狭いほど短いです。
買い口座と売り口座の組み合わせによって、1週間〜1月程度の差があります。

3.千通貨単位以下の注文ができる
複利運用をするため、少しでも早い段階でポジションが増やした方が有利です。
単価が低い方が早く細かくポジションを増やすことができます。

4.未決済ポジションでもスワップの出金ができる
年間20万円以上の利益(雑所得)を得た場合、20%の所得税が必要ですので、買いスワップと売りスワップの決済を調整する必要があります。
例えば、12月末時点で
買いスワップ 500万円
売りスワップ-400万円
だった場合、売りスワップが決済される場合、買いスワップの決済を420万円に調整すれば、所得税を支払う義務が生じなく確定申告も必要ありません。
しかし、サヤ取りは複利を狙っているため買いスワップを決済することはありません。決済せず得た利益でポジションを増やしていくためです。そのため、優先事項としては低いと言えるでしょう。
将来的に、リタイアして不労所得で生活する時は、配慮が必要です。
それまでは、3年しか繰越できませんが、損益通算しておきましょう。

 

現在、本運用に向けて仮運用を実行しています。
「サヤ取り」 を続ける上で、問題が無いかチェック中です。

 

316日の「サヤ取り@トルコ」の1日スワップは、

24枚で +897 でした! 

-運用実績
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE