雑記

【失敗談あり】『Oculus Quest 2』を予約してみたよ!

 

 

以前から試してみたかった Oculus ですが、販売から結構な期間が経っているので、そろそろ新しいのが出るのでは!?と購入を躊躇しておりましたが・・

 

遂に新作の Oqulus Quest 2 が9月17日に発表されました!

 

 

【2020年10月13日】Oqulus Quest 2 の発売日(予約は9月17日〜)

 

Oqulus Quest 2 の発売日は、2020年10月13日で、予約の早いものから順次発送される予定です。

 

64GB版 3万3,800円(税抜)

256QB版 44800円(税抜)

 

64GB版と256GB版があります。

 

1万円程度で容量が4倍になるなら、今後、開発されるソフトの容量も大きくなっていくはずなので、256GB一択ですね!

 

というわけで、私は256GB版を予約しました!

 

ちなみに20日の予約で、商品到着予定日が10月14日と表示されていました。

 

とはいえ、あまり本体にソフトを入れるつもりがないライトユーザーなら64GB版でも良いでしょう!

 

 

【購入前に】初代 Oqulus Quest と何が違うの?

 

初代よりもかなりグレードアップして、値段も安くなっているので、かなり高評判になっています。

 

初代 Oqulus Quest Oqulus Quest 2
画質(片目あたり) 1,600×1,440 有機EL 1832×1920 LCD液晶
容量 64GB・128GB 64GB・256GB
プロセッサ Snapdragon 835 Snapdragon XR2
メモリ 4GB 6GB
リフレッシュレート 72Hz 72Hz・90Hz
重量 約600g 約500g
瞳孔間調整 3段階調整 スライダー調整

 

その差が大きいものから順に並べてみたので説明します。

 

<画質>

有機ELから液晶ってダウンしてるように見えますが、実際には1.5倍の画素数になっており、明らかに違いを認識できるレベルです。ドットが見えるから見えなくなるレベルのようです。

 

<容量>

上位は256GBになりました。上の画像にある通り、容量が増えたのに安くなっているのが良いですね!

 

<プロセッサ>

上位互換されており、CPU・AI・解像性能が向上しています。

 

<メモリ>

1.5倍になり処理速度が向上されます。

 

<リフレッシュレート>

現状同じですが、今後のソフト開発で90Hzに随時変更になるようです。ちなみに、リフレッシュレートとは、1秒間の描画回数です。多いほどVR酔いの軽減が期待できます。

 

<重量>

ヘッドストラップがプラスチック素材からゴムバンドに変更のため、100g軽量化されました。これに関しては、質・値段・重量と比較した場合に一長一短ですね。

 

<瞳孔間調整>

3段階調整になった分、ホールド力が上がるのではないでしょうか?

 

 

違いはだいたいこんな感じです。画質・性能・値段の全てが良くなっています。

 

 

【7店舗】Oqulus Quest 2 の予約

Oqulus Quest 2 本体の同梱品

 

Oqulus Quest 2 が予約ができるのは、以下の7店舗です。

 

Oqulus Quest 2 が購入できる所

  1. 公式(Facebook Tec)
  2. Amazon
  3. ヤマダ電機
  4. ヨドバシカメラ
  5. ビッグカメラ
  6. TSUKUMO
  7. GEO

 

公式だと安心感がありますが、ポイントが一切付きません。

 

②以降で購入すると、1%のポイントが付与されるので、64GB版で372ポイント分、256GB版493ポイント分お得になります。

 

少しでもお得に購入したいなら、あなたが普段使う量販店から予約すると良いです。

 

ついに新作登場!!2020年10月13日発売開始。予約受付中。ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット - ワイヤレスVRの自由を体験してみてください。PCもコンソールも不要です。簡単セットアップ - 箱を開け、スマホのアプリでセットアップするだけ。すぐにVRの世界が広がります。無限に広がるエンターテイメントの可能性 - 何の制約にも縛られることなく、新しい世界を探索し、学び、鑑賞し、ゲ ームを楽しみ尽くしましょう。そして自らの可能性を呼び覚ましてください。

 

 

【失敗談】予約の変更はできる?(Oqulus Quest 2 アクセサリー)

 

本体に加えて、アクセサリーの購入を検討される方も多いかと思います。

 

 

 

私は、キャリーケース(6,700円)が欲しかったので、同時に注文したのですが・・

 

 

 

後になって、装着のホールド力が向上するエリートストラップとキャリーケースがセットになり、しかも、エリートストラップに内蔵バッテリーが増設されたセットを発見!!

 

アクセサリー 値段
エリートストラップのみ 6,800円
キャリーケースのみ 6,700円
キャリーケース&エリートストラップ&バッテリー 17,600円

 

上記3種類のみで、内臓バッテリー単体の販売はないです。

 

 

やはりどうせなら3セットが欲しいので、サポートに英語で問い合わせて、アクセサリーの注文を変更しようとしてみましたが・・

 

we are not able to switch order.(一部抜粋)

 

半日後に返答があり、オーダーを変えることはできませんとのこと。

 

しかし、アクセサリーのみのキャンセルはできるということで、本体のみの注文に切り替えました・・

 

“注意ポイント”

オーダーを全てキャンセルすることはできます。

 

 

 

アクセサリーは別途オーダーすることにしました。

 

本体とアクセサリーは別々に注文した方が無難かもしれません。

 

どのみち、到着予定日も違うので・・

 

 

まとめ

 

Oqulus Quest 2 は、これからVRゴーグルを体験してみたいエントリーモデルとしては、躊躇なく選択することができそうです。

 

同スペックのVRゴーグルなら10~20万円ほどかかります。

 

そんな性能を備えた Oqulus Quest 2 が4万円を下回る価格で発表されたというのは、VRを浸透させたいというFacebook社の意気込みが感じられます。

 

アクセサリーは本体と別途注文しましょう!

 

 

というわけで今回は以上です。

 

 

-雑記
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE