投資関連

【不労所得】無料でIPO抽選に参加する方法(5つのステップ)

こんな人が対象

 

・リスクの少ない投資法を探している。

・短期間で利益を上げたい。

・くじ引きや抽選でワクワクするのが好きだ。

・IPO知っているけど、資金移動が面倒臭い。

・IPO知っているけど、回せる資金が少ない。

 

上記です。

 

IPOとは

 

Initial   Public  Offering

最初の    公開   売り出し

 

の略です。「IPO投資」「IPO株」「新規上場株式」などと言ったりします。

 

未上場企業が、証券取引所に上場し投資家に株式を発行することです。企業側としては、信用が上がり資金を集める重要なイベントです。

 

新規上場する前に、投資家に購入する権利を抽選で公募販売します。

 

大体、年間100件ほどの、IPO案件があります。

 

このうちの8割以上が、上場時に抽選購入時よりも値上がりします。

 

つまり、当選さえすれば、勝ちやすい投資です。

 

IPO投資の5つのステップ

 

IPO投資の、最低限の5つのステップを紹介します。

 

開設→BB→抽選→購入→売却

 

この流れですが、詳細は以下の通りです。

 

①証券口座を開設

まず証券口座を開設しなければ、どうにもなりません。

IPOを扱う証券業者は割と多く、様々な特徴を持っています。

 

自分の考えやスタイルにあった業者を利用することになりますが、

口座開設は無料(場合によっては逆に特典がある)なので、全部開設しても問題ありません。

 

 

< IPO業者の特徴 >

・IPOを多く扱う業者

→年間に取り扱うIPOの件数が多い業者です。

 

・抽選を平等に行う業者

→購入意思の数量が多いほど、当選確率が上がる業者です。

 

・落選してもポイントが貯まる業者

→残念ながら落選しても、ポイントが溜まっていき、大量のポイントを使用すれば当選確率が上昇するシステムです。

 

主幹事が多い業者

→いくつかの証券業者がIPOに関わりますが、1つの案件で最も発行数の多い会社です。

 

・抽選時に資金不要の業者

→通常、抽選参加時に資金が必要ですが、抽選後の購入時まで資金不要な業者です。

かなり有意な条件となります。

「無料でIPO抽選に参加する」というのは、一番最後に記述した特徴を持つ業者で可能です。

 

②ブックビルディング(BB)申し込み

抽選申し込みをする期間です。

大体、1週間程度です。

 

IPOの勝率は高いのですが、中には公募割れする銘柄もあります。

目論見書(もくろみしょ)やネットで情報収集すれば、割とすぐに公募割れしそうか激アツ上昇か分かります。

また、公募価格がいくつか設定されていますが、人気のIPO狙いですので上限値で申し込んだ方が良いです。

 

そして、多くの業者は、このステップで購入意思分の入金が必要になります。

 

例えば、公募価格4500円を100株(大抵100株しか申し込めない)の場合、

 

4,500 × 100 = 450,000

 

→45万円を入金しなければなりません。

 

いくつもIPO案件が重なる時期がありますので、全ての銘柄で資金が必要になります。

 

ですが、このブックビルディング参加時に資金が不要の業者があります。

つまり、抽選自体は無料で参加できるということです。

 

IPO抽選時に資金不要の口座開設▼

 

③抽選結果

ここが一番の難関です。

実際なかなか当選しないので、心が折れそうになります。

(しかし、宝くじよりは確率は高いはず・・・)

 

当選すれば、IPO株を購入する権利を得たことになります。

 

抽選結果について、登録メールに通知がある場合、ログインして確認する場合とあります。

 

補欠当選というのもあり、辞退者等が発生した場合の繰り上げ待ちの状態です。

 

④購入申し込み

当選したら、

 

・購入申し込みが必要な業者

・自動で購入になる業者

・補欠当選だけ申し込みする業者

 

等、購入に至るまで様々です。

 

申し込みを忘れて、IPO株が購入できなかった(泣)なんてことが無いように、

ステップ3とステップ4は、しっかり確認する必要があります。

 

⑤上場日の売却

上場日中に、売却するように注文するのがIPO投資の基本です。

売却注文の種類・タイミング

・上場開始直前(朝一)に、成行注文をする

・上場当日の後場で、引けの成行注文をする

 

特に、前者の注文をオススメします。

こうしておけば、上場直後の初値で売却となります。

 

<セカンダリー投資について>

 

初値が市場の期待より割安になることもあります。

このように初値が期待より低いことを察知して、当日終値または翌日以降までの上昇を見込むのが「セカンダリー投資」です。

IPO投資→セカンダリー投資 と2段階を狙っていく場合に、後者での注文もありかもしれません。

 

 

しかし、よほどの理由がない限りは、前者での注文が無難です。

理由は、過去実績にあります。

 

IPOの過去実績(2019年)

 

2019年の12月までのIPOです。

(公募価格→初値、初値→終値、上昇は赤、下落は青、同じは黒)

 

<公募価格に対する初値>

61銘柄中、54銘柄が上回っています。89%が上昇です。

このように、IPO抽選に当選すれば、ほぼ利益確定となります。

 

<初値に対する終値>

61銘柄中、27銘柄が上回っています。44%が上昇です。

61銘柄中、32銘柄が下回っています。52%が下落です。

 

2019年の結果では、セカンダリー投資は難しく、当選した場合は、初値売りが無難です。

 

<2019年の高額IPO>

3月13日「サーバーワークス」に当選し、公募価格で購入し初値で売却した場合

1,800,000 - 478,000 = 1,322,000

132万円の利益確定です。

 

<2018年はさらに高額IPOがあった!>

伝説のIPOです。

2018年4月に上場した「HEROZ」に当選し、公募価格で購入し初値で売却した場合

4,900,000 - 450,000 = 4,450,000

445万円の利益確定です。

 

平均年収に近い値ですね。

 

まとめ

IPO投資は、申し込み手続きや情報収集に手間があり、完全な不労所得ではありませんが、夢のある投資法だと言えます。

 

・勝率8割以上と安全な投資法である

・高額IPO案件では、1撃で数百万もあり得る

・抽選時に資金不要(当選確認まで無料)の業者がある

 

抽選時に資金不要の業者もありますので、気になった方はIPO投資の抽選に参加してみましょう!

当選」の2文字が見えた時は、かなりテンション上がりますよ!

 

IPO抽選時に資金不要の口座開設▼

-投資関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE