投資関連

FXで失敗しないマインド

FXで失敗しないコツを知りたい方へ

現在、FXやなんらかの投資をしているけどトータルでは負けている。

 

ついでに、何かいい投資方法があれば知りたい。と考えていませんか?

 

本記事では下記の内容を解説します。

 

この記事を書いている人

投資歴15年以上でも負けていた自分でも、これを実行して負けなくなったので、

ある程度、信頼性の担保につながっていると思います。

 

投資は、負けなければ銀行に貯金するよりもはるかに利率は高いです。

なので失敗しないコツを伝えたいと思います。

 

FXで失敗しないマインド

 

人間のマインドについて知る

 

投資で失敗しないためには人間のマインドについて知る必要があります。

 

多くの投資家がこれが原因で負けるからです。

 

プロスペクト理論」と言うのが当てはまるそうなので簡単に解説します。

人間の心理的に、「利益はすぐに確定させるが、損失はなかなか確定させない」ということがしばしばあります。

言い換えると「損失を確定させたくない」とも言えます。

損失を認めたくなくて「また戻るだろう」と置いてしまい、結果的にどんどんマイナスが膨らんでいくのです。

投資をしたことがある人は、なんとなくわかると思います。

こういった人間心理が「プロスペクト理論」に当てはまり、多くの投資家が負けてしまう要因となっています。

 

つまり、人間の心理は投資に向いていないのです。

 

ではどうすればいいのかというと、ピンとくる人もいるかと思いますが、システム化やルール作りを行えば、マインドに振り回されずにすみます。

 

自分で決めたルールを破らずに投資を続けるのが失敗しないためのコツです。

 

 貯金感覚でコツコツと投資する

投資は貯金感覚でコツコツと増やしていったほうがいいです。

 

貯金感覚で投資をするのには4つの理由があります。

理由1:単なる貯金では、お金は増えない。

→家に置いてても増えないし、銀行に預けても金利が低すぎて、お金は増えません。なので投資をします。

 

理由2:余裕資金で投資したほうがいい。

→貯金するべきお金で投資するということです。どこかから借りて投資とか論外です。給料とかの収入から可能な限り投資していきましょう。収入源やその金額は人によって様々ですが、どんなに少しでもいいので毎月前進していきましょう。どんどん金額が膨らんでいって楽しいですよ。

 

理由3:ドルコスト平均法が効く。

毎月一定額のお金で同じ投資をすれば、総購入金額が平均化されてリスクが減ります。

わかりやすいように極端な例にします。

 

毎月100円で外貨に投資をするとします。

①ある月で、1枚の外貨のレートが25円でした。

→4枚買いました。

②次の月は、その外貨のレートが50円になりました。

→2枚買いました。

全部合わせて200円で6枚買ったことになりますね。

1枚33.3円で買ったことになります。

33.3円の外貨が50円になったのですからよかったですね。

25円の時にもっと買えばよかったと言えばそうですが・・

③また次の月は、その外貨のレートが25円になりました。

→4枚買いました。

全部合わせて300円で10枚買ったことになりますね。

1枚30円で買ったことになります。

25円になったので損失になりますが、

33.3円のままよりも、さらに購入したのでましですね。

 

投資商品は変動するものなので、このように一定購入し続ける(貯金的に投資を続ける)とリスク分散できます。

 

理由4:複利を伴う。

投資で増えたお金をそのまま、また投資の運用に回せば、効率がグ~ンとアップします。「複利」といって金額と経過時間が増えるほど、その効果は絶大なものになっていきます。なので早ければ早いほど有利です。

 

若い人は特に有利です。意識して生きましょう。

 

投資によるリターンをどれくらい求めるのかも人によって様々ですが、少しでもその目的に向かっていくのは、楽しみも増えるし資産も増えるので、生活の質が上がります

 

リターンの大きさにリスクも比例するので、貯金感覚でコツコツ投資をするのがいいです。

 

FXで失敗しない方法の一例

 

FXスワップによるサヤドリ

投資に失敗しない1つの投資方法として、外貨を貯金感覚で増やしていくのがいいと思います。

日本の金利は低いけど、外国の金利は高いからです。

 

具体的には、FXを利用し高金利通貨を増やし続けることです。

 

ただし、高金利通貨は金利が美味しいだけでなく、通貨そのものが下落するリスクがあります。

そこで「サヤ取り」という手法を用います。

 

▼詳細はこちら▼

https://swapbalance.com/assets-management/info/post-861/

証拠金維持率の調整

FXは、証拠金維持率を適切に調整する必要があります。

レバレッジをかけた方が、投資の効率がいいですが、リスクを伴うからです。

 

運用する通貨の過去の変動や、特徴を掴んで証拠金維持率を決めます。

 

例えば、私が運用しているトルコリラは、2018年8月10日が過去最高の変動でした。

1日で20%もレートが下がりトルコショックと言われています。

この下落に一瞬でも耐えれなかったら、ロスカットされて損失となります。

 

なので、この20%の変動に耐えれるレバレッジで運用すれば、ほぼ大丈夫かと思います。

 

▼詳細はこちら▼

FXの適正な証拠金維持率(実効レバレッジ)【トルコリラサヤ取り編】

 

また仮に、このような変動が生じてもOCO注文をしておけば、さらにリスク回避出来ます。

ただこの方法も完璧ではありません。

 

何故なら、こういった急変時は、スプレッドが大きく開く現象が起き、この開き方も業者によって様々だからです。

両建ての内、片一方だけが決済されると損失となるケースがあります。

 

とはいえ、うまく運用すれば年利10%超は可能です。

ローリスクミドルリターンだと思います。

 

▼詳細はこちら▼

複数OCO注文について

 

FXのコツ【まとめ】

記事のポイントをまとめます。

・人間のマインドに惑わされないのように、投資のマイルールを作る。

・そして、それを破らない。

・貯金感覚でコツコツと投資金額を増やす。

・1つの投資方法として、FXによるサヤ取りがある。

・FXサヤ取りは、維持率を上手く調整すればローリスクミドルリターンである。

こんな感じです。

 

お金を眠らせずに置いておくのはもったいないです。お金には働いてもらったほうがいいです。

 

というわけで、今回は以上です。

-投資関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE