投資

SBI証券のIPOチャレンジポイントで2度美味しい

 

IPO投資は当選すれば美味しいのですが、落選しても美味しい方法があるのをご存知でしょうか?

 

SBI証券でIPOに落選するとIPOチャレンジポイントというものが1ポイント付与されます。IPOチャレンジポイントを活用すれば、2度美味しい投資ができるので紹介します。

 

IPOって当選したことある?ホント全然当たらないよねえ〜

 

当たらなくてもIPOチャレンジポイントがたまるから大丈夫!

 

本記事では、IPOチャレンジポイントについて解説していきます。

 

 

IPO(新規上場株式)について

 

この記事に興味を持ってくれたということは、IPO投資が魅力的なことはご存知かと思います。

 

IPOとは

IPOとは新規上場株式のことで、初めて上場する前に株式が購入できる制度のことです。期待値にS〜Dランクまでありますが、年間90件近くあるIPOの約8割は、上場時に値上がりしています。人気があるので抽選販売とする証券会社がほとんどです。

 

この抽選がかなり当たりにくいけど、外れた場合は元本が戻るので、無料でできる宝くじといった感覚です。とはいえ、当選確率は宝くじよりもはるかに高いです。

 

中でもSBI証券でのIPO投資は外せません。なぜならば、IPOチャレンジポイントというかなり美味しい制度があるからです。

 

 

SBI証券 IPOチャレンジポイントとは

 

IPOにも期待値のランクがありますが、SランクとかAランクになるとまず当選しません!あまりに当選しないのでやる気が下がってくるのも事実・・・

 

しかし、SBI証券はちょっと違うんです!

 

SBI証券でIPOを申し込むと、万が一外れてもIPOチャレンジポイントというのが1ポイントもらえます。このIPOチャレンジポイントというのは、とある数のポイントを貯めれば、確実にIPOに当選させてくれるという素晴らしいポイントなんです。

 

そのIPOの人気度によって変わってくるのですが、大体300600ポイントほど貯めて抽選時に使用すると、当選権利がもらえるという仕組みです。

 

つまり、IPOに外れても未来の当選に向けてエネルギーを貯めることができるのです。

 

 

SBI証券 IPOチャレンジポイントの価値

 

言い換えるとIPOチャレンジポイントは、お金と同じ価値があります。というのも当選に使用したポイントを利益で割れば、1ポイント分の価値という形で算出できるからです。

 

IPOで得た利益 ÷ 使ったポイント = 1ポイントの価値

 

結論から言うと、1ポイントあたり約1,000円分の価値があります。

 

例えば、2020年の実績の一部を以下の表にまとめます。

 

2020年 SBI証券のIPO

上場日 銘柄 ランク 初値利益 必要P 1P価値
12/23 交換できるくん B 51.3万円(200株) 355 1,445円
12/22 ウェルスナビ C 17.3万円(300株) 160 1,078円
12/17 かっこ S 58.7万円(100株) 550 1,067円
11/27 クリーマ B 38.4万円(300株) 330 1,164円
11/25 MITホールディングス A 29万円(100株) 430 674円
10/2 タスキ A 43.9万円(100株) 400 1,098円
9/24 まぐまぐ A 51.8万円(200株) 355 1,459円
9/24 グラフィコ A 109.4万円(200株) 430 2,544円
8/25 インターファクトリー A 41.2万円(100株) 385 1,070円
7/7 Branding Engineer A 24.3万円(100株) 390 623円
3/26 サイバーセキュリティC S 141.3万円(300株) 600 2,355円
3/26 アディッシュ A 26.1万円(300株) 350 747円

 

ランクが高いほど必要ポイントも増えるので、1ポイントの価値はランクに関係なく約1,000円が中央値です。

 

2020年の実績をご覧頂いたら、チャレンジポイントの価値が把握できたかと思います。

 

 

SBI証券ならIPOに外れても嬉しい!

 

SBI証券の場合、IPOに外れても約1,000円がチャリーンともらえるのです。自分の口座だけでなく、家族にも協力してもらうと複数口座が持てるので、例えば3口座分を運用した場合、1回落選しても3,000円もらえることになります。

 

予算については、1口座あたり50万円ほど入金しておけば、ほとんどのIPOに参加できます。1年でおよそ90社ほど新規上場するので90ポイントほど貯まります。

 

年間9万円分の価値が貯まると考えると、年利18%にもなる大変美味しい投資となります。

 

しかも、ほぼ元本割れはしません!

 

ほぼと言ったのには若干、注意点があるからです。

 

“注意ポイント”

期待値のランクがCDのように低いIPOは、当選しても元本割れが起こる可能性があります。購入するかどうかはその時の判断次第です。

 

逆にワンチャン、ポイントを使わなくてもS~Bランクに当選すれば、数十〜数百万円の利益が見込めるので、初値で売却すれば元本割れせずに年利18%+αになります。

 

「SBI 証券」の口座開設資料請求 

 

 

【まとめ】SBI証券 IPOチャレンジポイント

 

ここまででIPOチャレンジポイントの運用について解説させていただきました。

 

IPOチャレンジポイントの価値

1ポイント = 約1,000

 

必要なチャレンジポイントは、300〜600程度なので貯めるのに4〜5年ほどかかりますが、運用効率は非常に良いかと思います!

 

運用資金は、1口座あたり50万円必要

年間IPO数は約90社 =90ポイント = 約9万円 = 年利約18%

 

1口座50万円程度あれば運用できるので、余力の大きい投資家には物足りないかもしれませんが、申込み口数が多いほど当選確率も上がります。

 

故に、中堅投資家まではSBI証券のIPO投資にお金を使わない手はないかと思います。

 

ついでですが、松井証券なら元本不要でIPOに参加できます。>>無料でIPO抽選に参加する方法

 

と言うわけで今回は以上です。

 

 

-投資
-

© 2021 『自由の翼』PCライフ