投資関連

ポーランドズロチ&ユーロの両建て

今回は5月25日の、メキシコペソのサヤ取りの記事に引き続き、ポーランドズロチ&ユーロの両建てについて調べてみたいと思います。

この両建ては、ズロチ/円を買って、ユーロ/円 を売るということです。

クロス円になっていますので円の関係をなくすと、ユーロ/ズロチを売っているのと同じことです。

従って、為替差損が完全にリスクオフのトレードではないため、当ブログではあえて「サヤ取り」ではなく「両建て」と表現を変えています。

ズロチ&ユーロの両建ての面白いところは、買いも売りも両方ともスワップがプラスという点です。

どの程度のスワップ益になるのか、大変興味深いので調べてみました。

・ズロチとユーロの相関

まずは、ズロチとユーロの10年分のチャートを見比べます。

PLN/JPY

 

EUR/JPY

 

まるで同じチャートを見ているかのような感覚です。

同じEU圏なのでユーロのファンダメンタルズを受けるため、値動きが類似しています。

かなり相関が強いようですが、別通貨であるため乖離を起こす可能性はあります。

 

現在のズロチ&ユーロのレートは以下のようになっています。

 

122.730 ÷ 28.627 ≒ 4.3

つまりズロチ4.3枚買いに対して、ユーロを1枚売れば同額の両建てとなります。

 

このように、両建ての比が 4.3 : 1 と同じではないのが特徴です。

 

この比率が一定であれば、為替差損益は生じませんが、その傾向を知るために、ユーロ/ズロチ のチャートを参照します。

このチャートでの振幅が弱いほど、相関が強いと言えます。

近年のユーロ/ズロチは、4.2〜4.3を中央値に弱く変動しており相関が高そうです。

 

しかし、今後長い目で見た場合、乖離の可能性があることを覚えておく必要があります。

・各業者のスワップ

ポーランドズロチを扱っている業者は少ないため、「口座P」と「口座3」での比較となります。

 

ユーロ売りのポジションは、スワップだけで見ると「口座3」にしたいところですが、同じ業者の方が資金移動の必要がなく便利です。

また、スプレッド的にも、「口座P」が有利です。

同じ口座で両建てを持つので、割と高いレバレッジにも耐えられるかと思います。

 

両方ともプラススワップですので、

64.5 + 4 = 68.5円

この 4.3 : 1 の両建てでのサヤ取りは68.5です。

 

スプレッド損失は、

2537 + 90 = 2627円

2627 ÷ 68.5 = 38.35日

39日後に黒字化と、やや遅めなのは引っかかります。

(参考:ズロチ1万通貨のスプレッド=590円)

 

また、「口座P」は1,000通貨単位での注文が可能ですが、1,000通貨あたり30円の手数料が生じます。(1万通貨以上注文の端数は手数料なし)

また、1円未満のスワップは切り捨てられます。

 

以下は、「口座P」のHPより引用です。

従って、68円のサヤ取りになる点に注意です。

 

文頭で触れたとおり、この両建ては、ユーロ/ズロチを売る事と同じです。

「口座S」では、ユーロ/ズロチを取り扱っているので、最近のスワップを参考にしてみました。

 

EUR/PLNの売りスワップ(取得単位:円)

現時点では、クロス円での両建てが有利な状況となっています。

・適正レバレッジ

ここ10年の月足チャートです。

・レバレッジ3.5倍

ここ10年の値動きに対応しているので安心です。

ズロチ買いは7円の下落に、ユーロ売りは30円の上昇に耐えることができます。

年利は、3.2%です。

必要資金は、77万円です。(ズロチ4.3万通貨買い&ユーロ1万通貨売りの両建て)

・レバレッジ5.5倍

ここ1〜2年の値動きの対応しています。

ズロチ買いは4円の下落に、ユーロ売りは17.5円の上昇に耐えることができます。

年利は、5.0%です。

必要資金は、45万円です。(ズロチ4.3万通貨買い&ユーロ1万通貨売りの両建て)

・あとがき

通貨の種類の異なる両建てですが、現在は大きな乖離がなく相関しているため両建てが可能です。

スプレッド損失による黒字化までの期間が長いですが、買いと売りの両方がプラススワップなのが魅力的です。

毎日、プラスだけになる保有スワップを眺めるのが楽しそうです。

年利はそこまで高くないですが、同じ口座でポジションを持つため、もう少し高いレバレッジで運用も可能かもしれません。

-投資関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE