運用実績

【2019年】FXのSwapBalance(アビトラ)の実績報告です。

2020年明けましておめでとうございます。

 

FXで運用しているSwapBalance(アビトラ)の2019年実績報告です。

 

4月から1ヶ月間は仮運用期間でしたが、これも含めてグラフにまとめます。

 

2019年は、終始トルコリラの両建てを行なってきました。

 

2019年の主な出来事

損益の結果は、上のグラフの通りです。

【出来事1】オーバーナイト金利問題

赤矢印のところです。

ポジションを持ってすぐは、スプレッド損失があるのでマイナススタートです。

しかし、その直後にガクッとマイナスになっていますが、この頃は「オーバーナイト金利問題」で、3月末はスワップが急騰し4月頭はスワップが急落・・・

買いも売りもマイナススワップになる局面がありましたが、そのまま耐えました。

 

【出来事2】ゴールデンウィークスワップ作戦

ゴールデンウィークには、各社でスワップ付与の日数が大幅に異なりました。

うまく買いスワップを多く取れるように、移動作戦を実施したので、プラス方向に突き抜けることができました。

GWスワップについて【本運用23日目】

 

【出来事3】8月26日フラッシュクラッシュ

赤矢印のところです。

2019年の最大のダメージでした。

とはいえ、この頃はすでにサヤ取りの最大の欠点と認識していたので、2段階のOCO注文で対策していました。

しかし、買いのOCO注文だけ2段階決済してしまう事故が発生。

レバレッジを抑えて、維持率を高く保つことの重要性をあらためて痛感しました。

 

 

【出来事4】政策金利の下降

運用開始時の4月の政策金利は、24%とかなりの高金利でしたが年末には、12%と半分まで落ち込みました。

ちらほら、トルコリラ保有者が撤収していきましたが、SwapBalance(アビトラ)ではあまりダメージは無かったように思います。

年度始めと年末で、グラフの傾きがそこまで変わらないのがその証拠です。

 

2019年実績まとめ

・4月からトルコリラのSwapBalance(アビトラ)を行なった。

・元本100万円からスタートして最終的には、5.4万円のプラス

・9ヶ月間の運用なので、実質の年利は6.75%。

・フラッシュクラッシュによる決済が回避できていれば、実質の年利は13.5%。

 

2020年もSwapBalance(アビトラ)で運用スタートします。

とはいえ、別の投資法も視野に入れていきたいと思います。

 

今回は以上です。

本年も宜しくお願い致します。

-運用実績
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE