FX

【FXとは?】個人ブロガーが初心者にわかりやすく解説!

業者ではなく個人ブロガーの目線で、FXが初めての人にわかりやすく解説します。FXの基本的な内容について、メリット、利益の種類、その他FAQなど取引を開始してみたい人が、口座を解説する前に知っておくべきことを記事にまとめています。

 

本記事の内容は以下の通り。

【FXをわかりやすく解説1】FXとは?

 

FXとは、「Foreign Exchange」の英略で、正式には日本語で「外国為替証拠金取引」といいます。

 

2国の通貨を売買してその差額の利益を得る取引の事で、簡単に言えば円からドル、ドルから円などお金を両替して、その差分で利益を得る資産運用です。

 

 

【FXをわかりやすく解説2】FXを始める3つのメリット

 

FXを始めるメリットは3つありますが、それは以下の通りです。

 

メリット① 手数料がかからない

 

例えば、外貨預金や株であれば、業者への手数料が発生します。

 

しかし、FXの手数料は無料の所が多く余計な出費がない。というのもFXの魅力の1つとなっています。

 

 

メリット③ 少ないお金で始める事が出来る

 

株を始める場合は、1つ1つの単価が安くても100株以上等まとめて購入する必要があるため、最低でも10万、多ければ100万という初期費用が必要になります。

 

しかし、FXの場合、後ほど詳しく説明しますが、レバレッジと呼ばれるシステムを活用することで、少ないお金で大きな取引をする事が可能です。

 

→ 例えば、1ドルが100円の時に、1万ドル(100万円)分を購入するとします。単純に考えると、100万円が必要になりますよね。

 

しかし、FXではレバレッジを25倍に設定する事で、たった4万円で取引する事が出来るんです。

 

 

メリット③ 時間に縛られず取引をする事が出来る

 

「取引所が開いている時しか取引ができない」株と違い、FXは24時間いつでも取引する事が可能です。

 

世界各国で常に取引が行われているため、時間に縛られる取引が出来るのもFXの大きな魅力と言えるでしょう。

 

 

【FXをわかりやすく解説3】レバレッジとは?

 

レバレッジとは、実際に持っている資金の何倍、何十倍の大きな額の取引を行う事が出来るシステムを表しています。

 

 

 

上記の例でいうと・・

 

1ドルが100円の時に1万ドル取引しようとすると、100×1万ドルで通常は100万円が必要になります。しかし、レバレッジを25倍に設定することで、わずか4万円の証拠金で1万ドルの取引が出来るようになるのです。

 

計算式

100円 × 1万ドル ÷ レバレッジ25 = 4万円

 

 

【レバレッジのリスク】

 

100万円分の取引をしたい場合、レバレッジは10倍に設定すると、10万円の証拠金で取引が可能です。

 

しかし、この100万円が、例えば80万まで減ってしまった場合、

 

100万円-80万円で、損失額は20万円になりますよね。

 

この場合、預けていた証拠金10万円を損失額が超えてしまったため、追加でさらに10万円が必要になってしまいます。

 

一見便利に見えるレバレッジですが、取引が大きくなればなるほどリスクが比例して大きくなっていきます。

 

しっかりとリスクを理解した上で行うようにしましょう。

 

 

【レバレッジ規制とは?】

 

金融庁管轄の内閣府令になります。

 

2010年8月よりFX取引を行う上でのレバレッジの上限を最大50倍、2011年8月には25倍に制限する、という内容のものです。

 

これ以降、国内FXではレバレッジ25倍までが定着しています。

 

 

【FXをわかりやすく解説4】FXをやる上で魅力的な2つの利益

 

FXは利益が2種類あり、どちらの利益を狙っても取引できるのが魅力となっています。

 

その魅力的な2つの利益とは、以下の通り。

 

 

① キャピタルゲイン

 

一言で言うと、為替差益のことです。

 

1ドルが100円のときに、100,000円で1,000ドルを購入したとします。

 

1ドルが110円になる円安のタイミングになると、持っていた1,000ドルは110,000円で交換ができるので、利益を得る事が出来ます。

 

反対に1ドルが90円の円高のタイミングになると、持っていた1,000ドルは90,000円でしか交換できず、逆に損をしてしまいます。

 

 

 

② インカムゲイン

 

インカムゲインは、資産を保有することで得られる利益のことで、FXの世界では金利のことになります。

 

例えば日本の金利が0.5%、ドルの金利が5.5%だった時にドルを買うとしましょう。

 

5.5%(ドルの金利)-0.5%(日本の金利)=5%

 

この計算式から、ドルを持っているときは、常に5%の金利が貰えるという事がわかります。

 

反対にドルを売り、円を買った場合は、年利として5%を支払わなくてはいけません。

 

この金利差を「スワップポイント」と呼び、持っている通貨の日数分のスワップポイントを受け取る事が可能です。

 

 

【スワップポイントとは?】

 

日本の金利は世界的に見て超低金利で、限りなく0%に近い状態で推移しています。

 

一方で世界に目を向けると・・

 

✅米ドルで2.0%

✅ユーロで4.0%

✅南アフリカランドで6.0%

✅メキシコペソで8.0%

✅トルコリラで20%

 

日本よりも圧倒的に高金利の通貨があるのです。

 

スワップポイントとは、低金利の通貨を売って、高金利通貨を買うことで得られる金利差、のことを表しています。

 

 

【スワップポイントのまとめ】

 

日本の金利が0.1%で、オーストラリアドルの金利が4.5% だったとします。

 

4.5%(オーストラリアドルの金利)-0.1%(日本の金利)=4.4%

 

 

もうお分かりかと思いますが、オーストラリアドルを買うと、4.4%の金利が貰えるということになります。

 

逆にオーストラリアドルを売って円を買うと、4.4%の金利を支払わなくてはいけません。

 

 

【スワップポイントで稼ぐにはFX業者の見極めが大切】

 

FX業者によって、スワップポイントの設定金額は異なっています。

 

A社:米ドル/円のスワップポイントが8円

B社:米ドル/円のスワップポイントが5円

 

これを365日(1年)預けた場合に得られるスワップポイントの金額は

 

A社:8円×365(1年)=スワップ金利2920円

B社:5円×365(1年)=スワップ金利1825円

 

たった3円の差ですが、1年で1095円もの利益の差があります。

 

上記は1万通貨あたりですが、これが仮に100万通貨とかになると、10万円もの格差が生まれます。

 

FXを始めたばかりの初心者の方でも、スワップポイントが高いFX業者を意識して選ぶ事は非常に重要になってきます。

 

 

【FXをわかりやすく解説5】取引開始するには

 

では早速、実際に取引するうえで何が必要か?を説明していきます。

 

【FXを始める前に伝えたいこと】

 

皆さんは何故FXを始めようと思ったのでしょうか?

 

・簡単に稼げるとネットで見たから

・友達がFXで大金を稼いでいたから

 

様々な理由をお持ちの方がいらっしゃると思います。

 

しかし、初めにお伝えしておきますが、FXで大金を稼ぐのは実際とても大変です。

 

毎日お小遣いレベルでコツコツやっている方はいるかもしれませんが、雑誌やニュースで取り上げられるレベルで稼いでいる人はほんの一握りであり、また「これだけ稼げました!」と言っている人の何割が本当に稼げているかどうか、真偽が怪しい場合も多いのが現状です。

 

「FXで〇千万を失ってしまった」

「貯金を使い果たしてしまった」

 

というケースも大げさではなく、決して少なくはありません。

 

FXは常に儲けている人がいる裏側で、損をしている(負けている)人が存在します。

 

今やFXはとても身近な存在となってきましたが、それでも「FXはハイリスク、ハイリターンである」という事は決して変わらない事実です。

 

今から始める方はしっかり肝に銘じたうえで、始めるようにして下さいね。

 

 

【FXは必ず「余剰資金」を使用する】

 

FXで成功さえ出来れば大金が手に入るのは事実であり、大きな魅力の1つです。

 

しかし、1度失敗するだけで、全財産をなくしてしまう取り返しのつかない事になってしまう場合もあります。

 

それを防ぐためにもFXは「余剰資金」を使うようにしましょう。

 

間違っても生活費や子供のための貯金など、なくなって困るお金を使う事はやめましょう。

 

またこのことはどれだけはFXで成功したとしても、同じことが言えます。

 

損失は一瞬です。自身の生活の基盤である資金には、絶対に手をつけないようにしましょう。

 

 

【目標を立てる】

 

FXで成功している人に共通して言えることですが、彼らは「いつまでにどれくらいを稼ぐか」しっかりしたビジョンを持って取り組んでいます。

 

・1年後に世界1周旅行に行くため100万円貯める

・お給料じゃ生活が回らないので、毎月安定して5万は稼ぐ

 

などなど、目標も設定額も自由です。

 

ゴールを定めないまま取引を行う事は、投資において決して良い事ではありません。

 

まずは貴方なりの明確の目標をしっかり定め、何よりFXを楽しむという事を忘れないようにして下さいね。

 

 

【FXとお金の関係まとめ】

 

皆さんの中には様々な方法で、自分の資産を守っている方も多いと思います。

 

中には運用しながら保険に備えるために、外貨建て保険と終身保険と資産を分けている方もいらっしゃると思います。

 

「銀行でもらえる利子だけでは足りない!」という考えの方こそFXを挑戦される傾向にありますが、なりふり構わず投資する人ほどFXに失敗する可能性が高いといえます。

 

大金を今すぐ稼ぎたい!という気持ちはわかりますが、最初から大きな目標を立てず、コツコツ小さな利益を積み重ねる事をおススメします。

 

何よりも自分に合った取引方法を見つける、これが一番大事なことです。

 

繰り返すようですが、FXは大金を得る可能性も、また失う可能性もあるのです。

 

まさにハイリスク・ハイリターンの世界ですので、いきなり儲けを出そうとはせず、失っても生活には困らない余剰資金で小さなロットから挑戦するようにしましょう。

 

 

【FXをわかりやすく解説6】初心者向けの運用方法

 

この記事では、今からFXを始めようと思っている初心者向けにおすすめのFX運用方法を紹介します。

 

FXではどんなに対策を練っても負けて損をするリスクが伴います。

 

なので、可能な限りリスクを回避しつつ、ご自身のペースに合わせた投資方法を学んでいきましょう。

 

知らないうちに損をしてしまっていた!なんて事を避けるためにも、事前知識は非常に重要になります。

 

 

【スワップポイント益で長く利益を出す】

 

スワップポイントは、2つの国の通貨の金利差のことでしたね。

 

通貨の金利は日々変動し、ベースは各国の中央銀行が決める政策金利となっています。

 

ちなみにFX業者が提示しているスワップポイントは、FXの取引単位である1万通貨分(通貨により1,000通貨のこともある)の1日の金利差になります。

 

FXでは通貨を安く買って高く売る、という方法以外にこの「通貨の金利差」で収益を得る事が可能です。

 

例えば「A社の米ドル・日本円のスワップポイント」が売Swap -25円、買Swap 23円だとしましょう。

 

このケースでは、米ドルを1万ドル分購入し翌日まで持っているだけで、23円の金利差益が貰えるという事になります。

 

この金利差益は、低金利の通貨を売り高金利の通貨を得たことから発生する利益です。

 

この方法では一気に利益を得る事は出来ない代わりに、定期的にコツコツした利益を得る事が出来ます。

 

※売Swap=買Swapとならない理由は、国内FX業者が相対取引を行っているからです。

 

 

【損するリスクの回避方法】

 

FX取引は、少ない証拠金にレバレッジをかける事で証拠金の何倍~何十倍の取引をする事ができる事はすでに説明しましたが、大きな利益を得られる反面、少ない証拠金で証拠金以上の損失が発生する場合もあります。

 

FXをやる上で必ず意識して欲しいのが、

 

・マージンコール

・ロスカット

 

この2つになります。

 

マージンコール:預けている証拠金の残高が一定の水準を超えた時に、FX会社が一定の損失を超えないように警告してくれる合図、のようなものです。

 

ロスカット:大きな損失を事前に防ぐため、強制的に取引を終了させてくれる本当に有難いシステムです。

 

この2つは、FX業者によって違うルールを敷いている所もあるので、事前に確認するようにしてください。

 

基本的にはロスカットされないように、逆指値注文やOCO注文を利用して損失が少ないうちに自動決済するようにしておくことがコツです!

 

 

【いきなり始めるのではなく、まずはデモトレードから】

 

FXのページを見た事がある方はご存知かもしれませんが、「デモトレード」というものが存在します。

 

実際にお金を使わずに、仮想通貨を利用しFXの疑似体験が出来る口座の事です。

 

デモ口座の開設は誰でも無料で出来るので、いきなり実際のお金でFXを始めるのではなく、初心者はまず「デモトレード」でFXの練習をやってみましょう。

 

また、デモトレードを行うメリットとして、各FX業者が提供しているツールの使い心地が確認できます。

 

ツールの使いやすさや画面の見やすさもFX取引を行う上で重要なポイントになってきます。

 

ほとんどのFX業者がこのデモトレードを提供しているので、自分に合ったFX業者を探す意味でも、沢山の業者のデモトレードに申し込んで実際に触れてみる事をおススメします。

 

 

【FXをわかりやすく解説7】口座開設の仕方

 

ここで口座開設の方法を簡単に説明しておきます。

 

① 申し込みフォームの入力

入力は最短5分程度の短いものなので、必要事項に沿って記入を進めましょう。

 

② 本人確認書類

口座開設には本人確認書類が必ず必要になります。

  • マイナンバーが確認出来るもの(個人番号カード、マイナンバー通知カードなど)
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

身分が証明できるものを準備して下さい。

FX開設は銀行の口座開設のように厳しくはなく、必要書類はWEBページでのアップロードやメール添付でも受け付けてくれます。

 

③ パスワードの発行

申し込みフォームを送信すると、FX業者から取引用のパスワードが送られてきます。

これも業者によって送付方法が異なるので、事前に確認をしておきましょう。

 

④ 取引を始める

口座登録時に登録した口座に入金をするか、クリック入金をするか、どちらかを選ぶ事が可能です。取引は、入金反映後からすぐに行う事が出来ます。

 

ほとんどのFX業者が上記の流れです。

 

 

【ID、パスワード発行後の流れ】

 

申し込みフォーム送信後、マイページにログインするためのIDとパスワードがメールで送られてきます。業者によって違いますが3日~1週間ほどで取引が開始できるようになります。

 

取引は口座かクリック入金からお金を入金しない限りは、始める事が出来ません。

 

ただ入金をしなくてもツールやチャートを実際に見る事が出来るので、始める前に色々触ってみましょう。

 

 

【早速入金して取引を開始してみよう】

 

開設した口座へ入金すると、実際の取引を開始することができます。

 

通常入金よりもクリック入金のほうが早く反映されるため、すぐに取引が開始出来ます。トレードしたい通貨のペアを選択し、注文画面から売り・買いを行う事が可能です。

 

くどいようですが、初めての取引は小さな額で始めるようにしましょう。

 

ツールやチャートを実際に触り、慣れてきてから徐々に本格的な取引を行っていく事をおススメします。

 

 

【FXをわかりやすく解説8】FXについてのFAQ

 

Q1【少額からでも取引は可能ですか?】

可能です。

FXはレバレッジをかけることで、自分が実際に証拠金として入金した金額以上の取引を行う事が出来ます。最小で4000円から取引可能なFX業者もあるので、自分の取引スタイルや目標額に合わせてFX業者を選ぶようにしましょう。

なお、証拠金以上に取引が出来るということは、それ以上のリスクが発生するということですから、レバレッジのかけすぎには十分に注意しましょう。

 

Q2【口座開設するにあたっておススメのFX業者を教えてほしい】

一概にこの会社が良い!と言い切るのは非常に難しいです。

理由としては、各業者それぞれにメリットとデメリットがあり、目的に合わせて取捨選択してFX業者を選ぶ人が多いからです。

ですので、実際にデモトレードなどで取引を体験し、画面に触れ、複数の業者と比較しながら自分に合った業者を探してみてはいかがでしょうか。

 

Q3【口座開設~取引開始までにかかる時間を教えてほしい】

こちらもFX業者によりますが、口座開設まで最短3日~遅くて1週間ほどかかります。申し込み後はFX業者の審査があるため気長に待ちましょう。ただし開設後は入金さえすれば、すぐ取引が開始できます。

 

Q4【FXを始めるベストなタイミングを教えて下さい】

FXは、自分のタイミングで始めることがベストといえます。特にいつ始めたから成功しやすい、失敗しやすいという物はありません。

しかし、FX口座を開設するまで最短で3日かかる場合があるため、為替が動くタイミングですぐ始めたいのであれば、早めの口座開設をおススメします。

口座を開設すること自体にお金はかからないので、入金はせず口座だけ開設して準備しておく、というのでも良いかもしれません。

また各業者でお得な入会キャンペーンを行っている場合があるので、申し込み前にチェックしてみましょう。

 

Q5【口座開設時に必要なものはありますか?】

本人確認書類が必須となりますし、FX業者によってはマイナンバーが確認出来る書類の提出が必要になることもあります。

 

Q6【スマホで取引する事は出来ますか?】

取引する事が可能です。最近は特にスマホに対応した業者が増えたので、場所を選ばず取引が可能です。

 

Q7【FXのリスクを教えてください】

どんな投資にも、リスクは必ずついて回ります。

投資の中では比較的少ないお金で始められるFXですが、レバレッジをかける事で証拠金の何十倍もの大きな取引が可能になります。つまり、小さな額で巨額の損失を出してしまう可能性があるという事です。

そんなリスクを回避するために「ロスカット」という機能もあるので、しっかり活用しながら、リスクマネージメントを行っていきましょう。

 

Q8【レバレッジは自分で決められるのですか?】

証拠金は任意の額を入れられますが、レバレッジを自分で決める事は出来ません。

レバレッジは、口座に自分が入金した額(証拠金)と取引している金額の関係性で決められ、計算式はこうなります。

「取引額」÷「証拠金」=レバレッジ

例えば10万円の証拠金を入金したとして、取引額が100万円とすると、レバレッジは10倍になりますよね。

レバレッジをあまりかけたくない場合は、証拠金を増やすか、そもそもの取引量を抑えるようにしましょう。

 

Q9【FXを始めるために必要な初期資金を教えて下さい】

業者ごとに異なった最低取引単位が決められているので、その金額に合う証拠金を用意しなくてはいけません。A社の最低取引単位が1,000通貨だとすると、1,000米ドルの取引をするために必要な証拠金は4,000円になります。(1米ドル100円の時)

しかし、4,000円の証拠金で1,000米ドルの取引をする場合、レバレッジが25倍と損失のリスクが高まるので、可能な限り最初の証拠金は多くした方が良いと言えます。

 

Q10【FXの取引が出来る時間帯を教えて下さい】

基本、FXは土日を除いて24時間取引が可能です。最近はスマホ対応の業者が増えたので、場所を選ばず自由に取引が出来ます。

また時間帯ごとに特徴があるのですが、夜21時~0時のニューヨークが活発な頃が、最も大きく値動きする時間帯だと言われています。

 

Q11【FX会社の選び方を教えて下さい】

初心者がFX業者を選ぶポイントをまとめました。

  • スプレッド

スプレッドは手数料として業者に取られてしまうので、取引を重ねるほど額が大きくなってしまいます。そのため取引を行う通貨のスプレッドが狭い業者を選ぶ事がポイントです。

  • 最小取引単価

初心者の方は特に、リスク回避のためにも小さな額から始められる業者を選びましょう可能であれば1,000通貨単位以下で始められる所をおススメします。

  • その業者の安全性

当サイトで紹介するFX業者は、全て安全性が保障され多くのユーザーに支持されている業者を厳選しています。それでも不安な方は、まずはFX業者のランキングに入っているような、トレーダーが多い業者を選ぶようにしましょう、

 

Q12【FXの口座開設にお金はかかりますか?】

基本的には無料で何個でも口座開設が可能です。そのため複数の口座を持ち、FX業者を使い分けているトレーダーもいらっしゃいます。

 

Q13【株とFX、どちらがおススメですか?】

どちらが良いか、どちらが儲かるかを明確にいう事は誰にも出来ません。

そもそも投資の対象が異なるので、一概に比較する事が難しいからです。

ただFXは株と比べて場所や時間を選ばず、比較的小さな額から取引を始める事が可能です。またシンプルな取引であることから、今から投資を始める方にとっては良い足掛かりになると思います。

 

ここまでで、FXが初めての人でも基本的なことがわかる内容で解説させていただきました。

 

どのFX業者も口座開設は無料なので、遠慮なく口座を解説して、小さな量から取引してみてはいかがでしょうか?

 

と言うわけで今回は以上です。

 

 

-FX
-,

© 2021 『自由の翼』PCライフ