レビュー関連

【保護フィルム】MacBook Air & PRO 13inch用で今一番売れているオススメとは?

画質がよく液晶面も綺麗なMacBook AirとProは画面の汚れが目立ちやすく保護フィルムが必須である。コロナ対策をするためにも遠慮なく消毒で拭ける状況にしておこう!

 

MacBook Air & Pro に保護フィルムが必要なわけ

新型MacBook AirとProがこの2020年春に販売開始され、筆者も超速球発売日にMacBookAirの2020年モデルを購入したばかりだ。非常に使い勝手がよく満足したPCライフを送っているのだが・・

画面の汚れがすこぶる目立つ!

画面を開けるためにちょっと触っただけでベゼル部分に指紋がベットリ・・筆者の手がベトベトというわけではないのだが・・2015MacBookAirを使っていた時はこんなことなかったので、Retinaディスプレイのコーティングになったせいのようだ。専用クロスで拭くもなかなか落ちない!あまり擦ると傷がつきそうでコワイ。また、コロナが気になるこのご時世では滅菌もしっかり行いたい。というわけで、保護フィルムは必須なのである。

 

もし保護フィルムを貼らずに過ごしたら・・MacBookAir & Proが悲鳴を・・

コーティング剥がれ

MacBookの液晶画面の表面にはコーティングが施されている。指紋など軽い汚れであれば問題ないが、このコーティングは使用を重ねて行くと剥げてしまい、上の写真のようにひどい見た目になってしまう可能性があるので対策したい所。原因は、ひっかき傷や閉じた際のキーボードとの接触、布で吹いた際のアルコールや細かい粒子によるもの。Retinaのコーティング剥がれは無償だとか、傷ついたコーティングは(あのマウスウォッシュの・・)リステリンで完全に剥がせるとかいう報告もあるができれば無傷で過ごしたい。

 

【MacBook Air & Pro 13inch用】 この2社の保護フィルムでほぼ間違いない!

保護フィルムに関しては、最終的に行き着くのはこの2社で双方とも口コミに関してもバッチリだ。

①定番パワーサポートの保護フィルム「crystal film」

パワーサポート MacBook Pro 13inch用 液晶保護フィルム クリスタルフィルム PKF-93(PKF93)

 

 

定番パワーサポートの保護フィルムは「クリスタルフィルム」という愛称で販売されている。「MacBookPro 13inch」の表記になっているがAirの13inchでも全く問題なく貼り付けることができる。こちらの良い所は、剥離フィルムが3パートに分かれておりフィルムを貼る際に両サイドを持ちながら貼れるので位置の調整がしやすい。


 

②【超オススメ!】エレコムの保護フィルム「Screen Protector」

エレコム 保護フィルム MacBookAir13インチ Pro13インチ(Touch Bar非搭載) エアーレス フッ素抗菌 高光沢 EF-MBAR13FLTG

今回オススメの保護フィルムはパソコン周辺機器で専門のエレコムから販売されている「スクリーンプロテクター」という名称で販売されており、非光沢と光沢型が選択できるのも良い所。エレコムの保護フィルムは気泡が入ってしまっても、気泡を自然に除去する力が強いのがオススメである最大の理由だ。


 

【レビュー】エレコムの保護フィルム「Screen Protector」(MacBook Air & Pro 13inch用)

筆者が購入したのは非光沢の保護フィルムで、装着後の仕上がりが上の写真である。反射が弱くなり何も貼らない状態より映り込みが気にならずパソコンの作業に集中できる。MacBookAirでもProでも13inchであれば両方に対応している。

パッケージを開封すると、保護フィルム・拭き取り布・ヘラ・ホコリ除去用シールの4点が同梱されている。

貼る手順5ステップ

 

①画面を布で拭く

→液晶画面を専用拭き取り布で拭き、汚れを取り除く。指紋等の油成分の汚れがないか、色々な角度から確認したほうが良い。

②保護フィルムを仮当て

→貼る本番作業前に、どの程度のりしろがあるか把握したほうが、貼りやすい。

③ホコリを除去

→画面に小さなホコリが残るようであれば、ホコリ除去用シールで取り除く。

④保護フィルムを貼り付け

→利き手の反対側の剥離フィルムを5cmほど剥がし、仮当ての感覚で貼り付ける。この時点で多少ズレても、何回も貼り直しができる。実際に筆者も8回ほど貼り直しをしたため、かなり肩が疲れてしまった。

⑤表面の剥離フィルムを剥がし、気泡をヘラで押し出す

→剥離フィルムを剥がしたら多少の気泡が残るはずなので、ヘラで画面の外に押しやっていく。3mm以上の気泡はすぐに移動して出ていく。2mm以下のものは押し出そうとすると圧力で消えるので手間いらず。さらに小さな気泡が残ってしまっても数日後に消えて無くなるのが、この保護フィルムのメリット。

 

【まとめ】MacBook Air & Pro 13inch のオススメ保護フィルム

※エレコム「Screen Protector」装着後のカメラ部分を拡大

パワーサポート「crystal film」両サイド持ちの貼りやすさ

エレコム「Screen Protector」気泡除去力の強さ

筆者は気泡除去力の強いエレコム「Screen Protector」をチョイスしたが、どちらも口コミ評判が良いので安心だ。

 

というわけで今回は以上。

 

-レビュー関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE