レビュー関連

【ノマド・通勤】PC持ち運びに ELECOM "off toco"は万能バックパック

ノマドライフ通勤に、PCの持ち運びは欠かせなくなっていますよね。PCの持ち運びもスムーズで、かつ多機能な万能バックパック(リュック)の紹介です。

✅ノマドライフにぴったりのバックパックは?

✅PCが入るバックパックでオススメは?

✅通勤で便利なバックパックは?

→このような、疑問に答えるバックパックの紹介記事です。

 

ノマド用のバックアパックといえば、モレスキンが有名で愛用者も多いです。

あの神ブロガーであるマナブさんも愛用しています。

 

って、いやいやモレスキンも優秀なんですが(汗)

今回紹介するのはこちら!

 

ELECOMの “off toco(オフトコ)” シリーズ !

 

私はモレスキンも知った上で、この “off toco(オフトコ)” を購入しました。万能すぎてとても気に入ってます。コレ1つで海外にも行けました!

 

ELECOMのofftocoシリーズとは

エレコムという大手コンピューター周辺機器メーカーが販売しているバックパック(リュック)です。本来、カメラ用バックパックとしてシリーズの特徴を持っているのですが、普段使いや旅行にも便利です。この “off toco(オフトコ)” シリーズの1つであるハイグレードモデルをピックアップして紹介します。

 

off toco(オフトコ) 他の色も選べます


Mサイズもあり、他の色も選べます

【バックパックの内側】ノマド・通勤用に便利な機能 3点

便利な機能について、【内側】・【外側】・【その他】に分けて解説します。

まずは【内側】からです。

15.6インチのPCが入る しかもスラッと出せる

背面側にPC専用のポケットがあります。

チャックを開ける動作を含めてPC取り出しに、3秒かかりません!

15.6インチのノートPCが入るサイズで、内部で2層に分かれているので、iPADやタブレット等も一緒に入ります。

 

サイドオープン+内蔵バッグが付属

▼サイドオープン▼

このバッグは、内部で上気室と下気室に別れる2気室構造です。

下気室に、両サイドからアクセス可能。

持ち手を上にあげれば、同時に2つのチャックが閉まってくれます。サイドオープンの上部は磁石が内蔵されており、くっついて仮止めしてくれます。

 

サイドから出し入れできるので、通勤時のお弁当入れに便利です。フラットが保てるので、買い物したお惣菜、特にお刺身なんかも崩さずにサッと出し入れできます。

 

▼内蔵バッグが付いている▼

ELECOM “off toco(オフトコ)” は、カメラバッグ用として販売しています。

そのため、カメラ本体やレンズを整理するための内蔵バッグが付属しています。

もちろんカメラ以外に使用してもOK。

 

標準装備の仕切りを用いて、好きなようにカスタマイズできるので、デジモノ小物入れにもアレンジして使えます。

 

通常2気室だが、1気室にも対応

上気室と下気室の中仕切りが、チャックで固定されています。このチャックを外して下気室のポケットに入れれば、1気室バックパックの出来上がり!

これで、A4サイズのファイルもたくさん入ります。

 

上気室にポケットが多く、ペットボトル自立して入れれます。

上気室にはポケットが8箇所もあり、このうち5箇所で500mlのペットボトルが入ります。

 

【バックパック外側】ノマド・通勤用に便利な機能 4点

本体は撥水加工・底はゴム製

バックパック全体が撥水加工です。PCもしっかりと守ってくれます。多少雨に濡れても大丈夫です。

 

多少では無く ガッツリ ずぶ濡れになりそうなら・・

さらに、標準で防水カバーが付いてくるのでコレを使用してもOK!

空港で荷物を預ける際に、汚れ防止として使ってもいい気がします。しかも、バック底がゴム製になっているので、汚れを気にせず置くことができます。耐久性の高いハイパロンゴムです。

 

このような地味な所で心強いのも“off toco(オフトコ)” のいい所です。

 

自立が可能・手さげハンドルがある

バッグ自体が自立するので地面とかに置きやすいです。お弁当、お刺身など、傾けたら困るものを入れても安心!しかも、手さげハンドルが2つあるので、平行な向きでそのまま持つことができます。

 

ポケットが多い・背中のクッションが良い

外出もポケットは多いです。

メイン、サイドオープン、PCポケット以外に、4箇所のポケットがあります。

 

特に底のポケットなんですが、ここ、ほぼバレないです・・(笑)

盗難防止として予備現金の収納なんかに使えます。

 

背中のクッションですが、背中に接触する所が、ムキムキシックスパックのような形状です。

クッションが効いているので、疲れにくいし背中が痛くなりません。

 

後ろのサイドポケットから・・

ヒップベルトも出現します!!

 

細かいギミックあり

折り畳み傘がセットできる

本来、三脚を持ち運ぶために固定する場所ですが、折りたたみ傘もセットできます。

 

上気室や外部サイドポケット内のフック

盗難防止として、すぐに開けられないようにチャックにフックを引っ掛けてロックできます。

 

キャリーバー差し込み

ベルトが付いてて差し込み可能!

 

ショルダーベルトに着脱式ミニポーチ

ショルダーベルトに小物入れが付いています。

 

 

【その他】バックパックとして良い所 2点

価格が安い

これだけ多機能なのに、値段は10,000円ぐらいです!

 

かなり安い!

 

何かと破損してしまっても、悔しさ低減。とはいえ、便利すぎて愛着が湧くので大切に扱いたいですね。

 

値段の割に素材やステッチとかも・・

全然安っぽくないです!

 

むしろしっかりしている!!

 

機内に持ち運べる

機内に持ち運べる制限を守れば、Lサイズの “off toco(オフトコ)” でもそのまま機内に持ち込み可能なサイズです。

 

☑️液体容量は、100mlと明記されたボトルに入れる。

☑️刃物や火元等の危険物は入れない。

 

この辺りを守れば、そのまま機内に持ち運べます。私はこのELECOM “off toco(オフトコ)” 1つでエアアジアに乗りました。預け荷物の追加料金が不要だったので、エア代がお安くなりました。

 

それに加えて、到着時の預け荷物をベルトコンベア前で待たない優越感!次の行動にサッと移れて、時間短縮できるのが最高です!どんどん流れてくる人の列に並ぶ必要がなくなりました!

 

ノマド・通勤用バックパックとして不便な所 2点

さすがにメリットばかりではありません。

使っていてデメリットに感じたことはこんな感じです。

内蔵バッグがサイドしか開かない

そのまま小物入れにもなりそうな内蔵バッグ。

なんならホテル室内で、そのままオープンして小物整理として使いたい所ですが・・

上方向にはオープンしません!

バックパックにつけたままの使用を想定しているためだと思いますが、ここは欠点として挙げさせてもらいました。

 

外側にペットボトルをさせない

外側のサイドにポケットがあれば、移動中にスッとペットボトルを取り出して水分補給できるですが、外側サイドにポケットは付いていません!というよりも、サイドオープンなのでポケットが無くて当然なんですが・・

不便に感じると思うので欠点に挙げました。

 

以上が、Lサイズの “off toco(オフトコ)” のデメリットでした。

 

圧倒的に良いところが多いので、

“off toco(オフトコ)” は、かなり満足のできる買い物になるはずです!

 

一度、検討してみて下さい!

 

というわけで、今回は以上です。

 

off toco のハイグレードL▼

 

-レビュー関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE