仮想通貨

DeFi運用はバイナンスがオススメ!プールやステーキング方法など

仮想通貨のDeFiってよく聞くけど何が良くてどう運用したらいいのだろう?結論、DeFiを運用するならBinance(バイナンス)を使うのがオススメです。その理由とプールやステーキングなど具体的な運用方法について、DeFiの特徴を踏まえながら解説していきます。

 

DeFiはバイナンスがオススメって聞くけど何で?

 

DeFi運用に興味がある、またはこれから仮想通貨を始めたい人は、本記事を読んでDeFiへの理解を深めましょう!

 

本記事の内容は以下の通り。

DeFiとは?【効率よく投資可能】

 

そもそもDeFiとはどんなものなのでしょうか?

 

Decentralized Finance

直訳:分散型金融

略称:DeFi

読み:ディーファイ

説明:中央管理者がいない分散型金融サービスのアプリケーション

 

DeFiは、金融機関などのように中央で金融資産を管理する中央集権システムを必要としません。

 

中央集権型は、誰かがシステムを管理また運用するからこそ私たちが利用できるのに対し、分散型であるDeFiは、手数料や管理費用を必要としない上、今までよりもスムーズで迅速な入出金が可能になります。

 

国内の仮想通貨取引所は中央集権システム(CeFi:Centralized Finance)と言われています。

 

中央集権システムは、入出金に時間がかかることや手数料の高さがデメリットとなっていますが、DeFiであればこれらの問題を解決できます。

 

CeFi DeFi
中央集権システム 分散型金融
管理が必要 管理が不要
手数料 高い 手数料 安い
処理 遅い  処理 早い

 

使用料が少ない上に今までよりもスムーズな取引ができるのであれば、DeFiがいかに魅力的なのかが分かると思います。

 

仮想通貨は独自のプログラムがいくつもの複雑な構造上に成り立っているため、私たちが普段使うATMのシステムやパソコンの処理能力では一度の取引のために膨大な時間がかかると言われています。

 

これらを瞬時に、しかも何万という件数を処理することができるのです。 

 

このDeFiに投資するためには本来イーサリアムを持っておくことが必要です。DeFiのシステムにはイーサリアムのシステムが使用されているからです。

 

とは言っても、必ずイーサリアムを持っていなければいけないということではありません。

 

ではどのようにすればDeFiに投資できるのでしょうか?

 

一番簡単なのは、バイナンスからDeFi関連に投資することです。

 

例えば、バイナンスが提供しているPancake Swapは年率342%という驚異的な数字で運用させたこともあります。

 

上記はピーク時の数字ですが、バイナンスのDeFi運用では年率20%ほどの利益を見込めます。

 

置いておくだけで、年間20%の上昇ですから、100万円だと120万円になり、銀行の預金とは大違いですね!

 

このようにDeFiで投資をすることで、効率よく投資ができ、資本を最大化することができます。

 

 

DeFi運用するならバイナンス【理由3つ】

 

DeFiを運用するのであれば、バイナンスを選ぶべきでしょう。

 

その理由は以下の通り。

 

DeFiにバイナンスがオススメの理由

Pancake Swapがあること

取扱量と種類が世界最大

取引の方法が多彩

 

理由① Pancake Swapがあること

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所であり、DeFiの中でも最近エネルギッシュなPancakeSwapはバイナンスでしか取引できません。

 

理由② 取扱量と種類が世界最大

仮想通貨の取扱量と種類が多く、世界最大の取引所であり、PancakeSwap以外のDeFi銘柄も手に入れることも可能です。

また、情報量が多くDeFi運用からの転用や派生も可能である点から、バイナンスを選ぶのがいいでしょう。

 

理由③ 取引の方法が多彩 【ステーキングやプールなど】

バイナンスではさまざまな取引方法がアップデートされ、数多くの投資方法を検討することができます。

バイナンス取引の一例

ステーキング・マージントレード・株式トークン・バイナンスアーニング・バイナンスプール・流動性プール・NFT

自分なりの投資方法を組み合わせることで、運用益はさらに成長するでしょう。

 

 

おすすめのDeFi銘柄【全てバイナンスで購入可!】

 

本記事ではDeFi運用におすすめな3つの銘柄を紹介します。

 

DeFiおすすめ銘柄3選

AAVE

YFI

Pancake Swap

 

DeFi銘柄① AAVE

AAVEとは2017年にローンチされた金融サービス、また、そこで使われるトークンを指します。

ブロックチェーン技術を用いて、個人間で融資ができるレンディングサービスを展開しています。

このサービスのメリットは誰でもアクセスすることができ、誰でもDeFi運用が気軽に始められることにあります。

イーサリアムのアドレスだけあれば、AAVEを利用することができるので、銀行口座を持てない人でも簡単に融資を受けることができます。

イーサリアムだけで取引ができ資本を最大化することができれば手軽に投資ができ、資本を増やせそうですね。

 

DeFi銘柄② YFI

yearn.finance(ヤーン・ファイナンス/YFI)は2020年7月にローンチされました。

プラットフォームであるyearn.financeで用いられるユーティリティトークンです。

このYFIは取引開始時に$32だったにも関わらず、たった1ヶ月で$12,000まで値上がり、32,000%も価格が上昇したことで知られています。

成長初速が素晴らしかったことから、多くの注目を集め、確かな人気がある銘柄です。

DeFi運用をするにあたっては、長期的な見解が必要です。

YFIのように爆速で成長する銘柄もありますが、ローンチ時点のことなので、これからも同じことが起きるかというと、難しいのが現実でしょう。

とはいえ、こういった事実は今後の参考になります。

投資のポートフォリオに一発で高収益を取れるものを考えても面白いでしょう。

 

DeFi銘柄③ Pancake Swap

なんとも美味しそうな名前であるPancake Swapは、バイナンスでのみ購入することができる銘柄です。

DeFi銘柄はいくつもありますが、このPancake Swapの最大の魅力はなんと言っても、収益性です。

Pancake Swapを利用した年率は342%、214%、153%と軒並み高い水準を叩き出してきました。

2021年10月現在でも、年率約90%と安定したパフォーマンスを示しています。

だいたいのDeFi運用では年率20%ほどであり、世の中の一般的な金融商品は高くても年率5〜7%です。

Pancakeの数値がいかに桁外れの収益性であるかがわかるかと思います。

 

 

次章ではあなたがバイナンスを登録し、実際に運用を始めるまでの手順を解説します。

 

 

DeFi運用の方法【バイナンス口座開設〜実運用】

 

バイナンスでDeFi運用するためには、まずアカウントの作成が必要です。

 

ここからはバイナンスの口座開設から実際に運用するまでの手順を解説します。

 

 

step
1
バイナンスアカウントの作成

 

まずはバイナンスの口座開設をします。

 

『Binanceの口座開設』はこちら

 

 

step
2
DeFi運用を始める

 

次にDeFi運用の始め方ですが、3種類の方法をご紹介します。

 

DeFi運用3選

DeFiステーキング

DeFi銘柄を保有

Pancake Swapでプール【オススメ!!】

 

それぞれリスクとリターンや運用の手軽さの特徴が異なります。

 

DeFi運用 DeFiステーキング DeFi銘柄の保有 Pancakeをpool
リスクの少なさ
リターン
手軽さ

あくまでも目安です。

これら3種類を順番に解説していきます。

 

DeFi運用① DeFiステーキング

バイナンスのホーム画面から、「ファイナンス」メニューを選び、その中にある「バイナンスアーニング」をクリック。

 

元本保証と、高利回りの選択ができるので、「高利回り」を選択。

 

“注意ポイント”

元本保証は文字通り投資した額より下回ることがありませんが、高利回りでは元本割れ、つまり投資した額が減額してしまうリスクがあります。

高いリターンを得る代わりに投資した額が少なくなってしまうことも、注意しておきましょう。

 

下にスクロールするとDeFiステーキングという項目が出てくるので「より多くの結果を表示」をクリック。

これを選択することで、投資の最大化であるDeFiにアクセスすることができました。

 

あとは自分の好きな銘柄を選びます。

「今すぐステークする」をクリックすると、金額が設定できます。

 

→ これでステーキングが始まりDeFiの運用に参画したことになります。

 

 

DeFi運用② DeFi銘柄を保有

バイナンスのホーム画面から、「トレード」メニューを選び、その中にある「コンバート」をクリック。

 

① プルダウンをクリック

② 購入したい銘柄を選択

③ 購入に使う銘柄を選択

④ 購入したい金額をどちらかに入力

 

最新のレートを反映させるために「コンバージョンプレビュー」をクリック。

 

購入できる枚数を確認したら「コンバート」をクリック。

 

これでDeFi銘柄が保有できました。

 

ホーム画面の「ウォレット」より「フィアットと現物」をクリックすれば保有状況を確認できます。

 

持っているだけでもDeFiに参画していることになるのですが、勿体ないです!

保有するのであれば、次に紹介するプールで運用して下さい。

 

DeFi運用③ Pancake Swapでプール【オススメ!!】

【DeFi実績】PancakeSwapのCAKEをPOOLして複利運用

続きを見る

 

DeFi運用の中で最もオススメしたいのは「PancakeSwap で Pool」することです。

詳細は上の画像をタップして、別の記事をご覧下さい。

 

運用を始めるまでに「メタマスク」という専用ウォレットを設定したりと面倒ですが、最初だけです。

 

保有だけでなく預けること(Pool)で利息を得る事ができる運用はDeFiならでは!

 

利息が取れるなんて、まるで銀行側になった気分ですね!

 

 

DeFi運用はバイナンスがオススメ!プールやステーキング方法など【まとめ】

 

ここまでで、DeFiの特徴や銘柄、またバイナンスがオススメの理由やステーキング、プールなどご案内させていただきました。

 

DeFi運用とは

・中央集権ではない分散型金融で融資側の立場に立てる

・収益を高く見込める革新的かつ多彩な運用方法

 

DeFiでは中間マージンが不要な、個人対個人で金融の運用が可能な仕組みが構築されつつあります。

 

DeFi運用はバイナンスがおすすめの理由

・DeFi銘柄の中でもエネルギッシュなPancake Swapの取り扱いが唯一ある

・取引量と種類が世界最大なので、投資先の選択肢が多い

・その他の取引方法が多彩である

 

これらがバイナンスの魅力です。

 

バイナンスでのDeFi運用3選

① DeFiステーキング

② DeFi銘柄を保有

Pancake Swapでプール【オススメ!!】

 

それぞれの特性を知った上で、自分にあった投資先を決めることが重要です。

 

バイナンスでDeFi運用投資をして、あなたのお金を効率的かつスムーズに最大化していきましょう!

 

と言うわけで今回は以上です。

 

 

-仮想通貨
-,

© 2021 『自由の翼』PCライフ