仮想通貨

【初心者用解説】バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴と活用事例

DeFiなど仮想通貨の新技術が盛り上がっているので、バイナンススマートチェーン(BSC)について知っておきたいと思っていませんか?この記事ではバイナンススマートチェーンの特徴3つと実際の活用事例2つをご案内していきます。

 

バイナンススマートチェーン(BSC)ってなに?

どんなことに使っているんだろう?

 

このような疑問をお持ちの方は、ぜひ最後まで見て参考にしてください。

 

本記事の内容は以下の通り。

バイナンススマートチェーン(BSC)とは?

 

バイナンススマートチェーンとは、海外大手取引所「バイナンス」が運営するブロックチェーンです。

 

2020年9月に、スマートコントラクトやバイナンスコインのステーキングに対応したチェーンとして、バイナンススマートチェーンがローンチされています。

 

元々バイナンスは、超高速取引が可能なバイナンスチェーンを運営していました。

 

しかし、バイナンスチェーンにはネットワークの管理・運営が他のアプリに応用しづらいという欠点がありました。

 

バイナンススマートチェーンは、このバイナンスチェーンの欠点を補いながら、さまざまな技術に応用可能です。

 

具体的には、バイナンスチェーンバイナンススマートチェーンを繋ぐこと(クロスチェーン)で、相互運用(インターオペラビリティ)が可能になりました。

 

相互運用 = バイナンスチェーン + バイナンススマートチェーン(BSC)

 

相互運用により、違うブロックチェーン同士でも送金やデータの交換が実現しています。

 

 

バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴3つ

 

バイナンススマートチェーンの将来性を理解するために、特徴を知る必要があります。

 

バイナンススマートチェーンの特徴は以下の3つです。

 

BSCの特徴3つ

① 独自のdAppsが利用可能

② イーサリアムのアプリが使える

③ トークンの資産価値が高い

 

順番に解説します。

 

 

BSCの特徴① 独自のdAppsが利用可能

 

前述したように、バイナンスチェーンとバイナンススマートチェーンは相互運用されています。

 

2つのチェーンを繋ぐことで、バイナンスチェーンで高速取引をしながらバイナンス独自のdAppsが利用可能です。

 

dAppsとは、ブロックチェーン上のサービスとゲームを送り出すアプリの総称です。

 

dApps

Decentralized applications

読み:ダップス

直訳:分散型アプリケーション

 

従来のdAppsは、ユーザーが増えると処理速度が遅くなります。さらに、ガス代が上がるのが課題でした。

 

バイナンスはブロックチェーンの相互運用で、この2つの課題を解決しています。

 

 

BSCの特徴② イーサリアムのアプリが使える

 

引き続き相互運用の恩恵になるのですが、バイナンススマートチェーンはイーサリアム上のアプリが使えます。

 

この機能は「EVM(Ethereum Virtual Machine)」と言われています。

 

イーサリアム上で開発されたDEX(分散型取引所)や送金に使うウォレットのメタマスクはすべてEVMで、バイナンススマートチェーン上で利用可能です。

 

 

BSCの特徴③ トークンの資産価値が高い

 

バイナンススマートチェーン(BSC)はPoSA(proof of Stake Authority )方式のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

 

コンセンサスアルゴリズムとは・・

ブロックチェーンは中央集権的な管理者がいないので、ネットワーク全体で台帳情報を共有して合意を形成する方式を用いている。

この方式をコンセンサスアルゴリズムと言い、PoW、PoS、Pol、PoSAなど種々の方式がある。

 

最も有名なビットコインの場合、ブロックチェーンのブロック生成者に対してマイナー報酬が支払われます。

 

一方、PoSA方式では、マイナー報酬の代わりにステーキング報酬が獲得可能です。

 

ビットコインバイナンストークン
略称BTCBNB
コンセンサスアルゴリズムPoWPoSA
報酬方式マイナー報酬ステーキング報酬
報酬対象者ブロック生成者トークン保有者

 

ステーキング報酬は、コインを持っているだけで運営に貢献しているとみなされ、報酬がもらえる仕組みです。株式投資の配当に近いです。

 

そのため、バイナンススマートチェーンはブロック生成報酬のように新しいコインを発行しません。

 

つまり、バイナンストークン全体の枚数が増えないということですね!

 

ポイント

BNBの発行上限は2億枚と決まっていて既に全て発行済みです。さらに四半期ごとにバーンを行い上限枚数を1億枚まで減らすことを予定しています。

 

コインの枚数が増えないので、バイナンストークンは資産価値が高いまま維持されています。

 

 

バイナンススマートチェーンの活用事例2つ

 

バイナンススマートチェーンは、さまざまなアプリケーション・サービスに使用されています。

 

BSC活用事例2つ

① パンケーキスワップ(Pancake Swap)

② クリプトブレイズ

 

その中でも取引量の多い、代表的な2つの活用事例を紹介します。

 

 

BSCの活用① パンケーキスワップ(Pancake Swap)

 

パンケーキスワップは、バイナンススマートチェーン上でも取引量の多いサービスであるDEXの一種で、CAKE(ケーキ)トークンを稼ぐことができます。

 

【DeFi】PancakeSwapでCAKEを収穫して稼ぐ方法②【詳細手順】

続きを見る

 

バイナンススマートチェーンを使うパンケーキスワップは、イーサリアムよりもガス代が安く、イーサリアム上のDEXよりも手数料が安い設計になっています。

 

パンケーキスワップは、手数料の安さを売りにして多くのユーザーを獲得し、2020年からCAKEの価格は100倍以上になっています。

 

CAKEの上昇によって、バイナンススマートチェーンのメリットが多くの人に伝わりました。

 

 

BSCの活用② クリプトブレイズ

 

クリプトブレイズは、「Play to earn 」と呼ばれ、稼げるゲームとして話題になったブロックチェーンゲームです。

 

2021年7月のクリプトブレイズのユーザー数は62万人を超えました。

 

ちなみにイーサリアム上のブロックチェーンゲームである「アクシーインフィニティ―」は、27万人です。

 

クリプトレイズのユーザー数増加が、バイナンススマートチェーンの取引量がイーサリアムの取引量を超えるきっかけとなりました。

 

クリプトブレイズでは、バイナンスコイン(BNB)が使用されています。

 

ゲーム内で獲得したお金はバイナンスコイン(BNB)で交換可能です。

 

クリプトブレイズの人気で、バイナンスコイン(BNB)の資産価値がさらに高まりました。

 

 

バイナンス口座を開設してバイナンススマートチェーンを体験しよう!

 

パンケーキスワップ・クリプトブレイズなどのバイナンススマートチェーン上のサービスを使うためにバイナンス口座開設が必要です。

 

前述したように、バイナンススマートチェーンではイーサリアムのアプリも利用可能です。

 

BSCによる新しい世界達

・dApps、イーサリアムのアプリ

・PancakeSwap

・クリプトブレイズ

 

新しく広まるアプリは、ほとんどがイーサリアム上のブロックチェーンで作られています。

 

DeFiや新しいアプリは、バイナンス口座を作っておけばすぐにサービスを利用できます。

 

「まだバイナンスで口座開設していない・・」

 

こんな方は新しいサービスに乗り遅れないように、今すぐ口座を開設しておきましょう!

 

『Binanceの口座開設』はこちら

 

と言うわけで今回は以上です。

 

 

-仮想通貨
-

© 2021 『自由の翼』PCライフ