投資関連

FXの適正な証拠金維持率(実効レバレッジ)【トルコリラサヤ取り編】

サヤ取りの適正な証拠金維持率やレバレッジを知りたい方へ

サヤ取りの資産運用でどれくらいまでレバレッジをかけてもいいのだろう。

できれば証拠金維持率について分かりやすい表なんかがあると助かる。と考えていませんか?

トルコリラのサヤ取りを運用する上で、どれくらいの証拠金維持率が良いのか考えたいと思います。

FXの証拠金維持率と実効レバレッジ

 

証拠金維持率とは、ポジションの評価額に対する必要証拠金の割合です。

証拠金維持率 = 評価額 / 必要証拠金 × 100%

必要証拠金が10万円だった場合に、ある時の評価額が50万円だとすると、500%となります。

 

実効レバレッジとは、ポジション総額に対する評価額の割合です。

実効レバレッジ = ポジション総額 / 評価額

ある時のレートによるポジション総額が、250万円だった場合に評価額が50万円だとすると、実効レバレッジは5倍となります。

 

日本のFX業者は、レバレッジが25倍までと決まっていますので、維持率が100%未満(業者によって50%、80%など様々)でロスカット(強制決済)になります。また、翌営業日の昼頃まで入金を待ってくれるという経過措置を行う業者もあります。これらを踏まえ維持率をどのくらいに保ったらいいのか、過去のトルコリラの値動きを参考に考察してみました。

 

過去の値動きからFXの証拠金維持率を考察

トルコリラについて、過去3年分のレートの変動をグラフ化してみました。

 

トルコリラ変動幅

(※1本が当日の高値と安値の差)

棒1本が1日分ですが、まず2本の大きな値動きに気がつくと思います。

 

<2016年6月24日のイギリスEU離脱>

イギリスのEU離脱による欧州経済先行き不安から、比較的に安全通貨である日本円を買う動きが起きました。

この日の値動きは、37.6円〜33.1円の4.5円でした。

 

<2018年8月10日のトルコショック>

米国人牧師の拘束による外交問題が発端で起きた通貨危機です。

この日の値動きは、20.1円〜16.3円の3.8円でした。

 

上記2つのショックは両方とも1日で4円前後という非常に大きな値動きです。しかし、その時のレートは2倍近く違うため、同じ土俵で比較することができません。

そこで、このグラフを変動率に変換します。

 

トルコリラ変動率

 

変動率に変換すると、2本の線の高さが逆転します。このように変動率で考慮しなければなりません。

 

しかし、この変動率はプラスに動いたのかマイナスに動いたのかを考慮していません。サヤ取りは、売り買いそれぞれの両建てなのでプラスとマイナスを区別できるように再度グラフを変換します。

 

トルコリラ変動率(正負)

このように変換すると、マイナス側の方が変動が激しいことがわかります。

 

さて、ここからが本題です。

 

FX証拠金維持率3つの運用パターン【トルコリラサヤ取り】 (2020年5月更新)

過去の変動を基に、トルコリラの運用を3パターンにまとめます。

 

①安全型(過去の大きな変動も全てカバー)

過去に起きた大きな変動で全くロスカットされないパターン。

売りポジ 維持率400%(実効レバレッジ6.3倍) →変動率12%をカバー

買いポジ 維持率600%(実効レバレッジ4.2倍) →変動率20%をカバー

→各変動率付近で、OCO注文を入れておく。

 

②通常型(トルコショックのような大きな変動は諦める)

トルコショックのような極端な変動を諦めるパターン。

売りポジ 維持率350%(実効レバレッジ7.1倍) →変動率10%をカバー

買いポジ 維持率425%(実効レバレッジ5.9倍) →変動率13%をカバー

→各変動率付近で、OCO注文を入れておく。

 

③攻め型(ある程度の急変は諦める)

数年に数回程度でロスカット(又はOCO注文決済)される可能性があるが、運用効率を高めるパターン。

売りポジ 維持率250%(実効レバレッジ10倍) →変動率6%をカバー

買いポジ 維持率350%(実効レバレッジ7.1倍) →変動率10%をカバー

→各変動率付近で、OCO注文を入れておく。

日頃の世話を欠かさず行い、危険時は一部決済する等も視野に入れます。特に、OCO注文の設定を更新することが重要です。

 

▼関連記事▼

複数OCO注文について

 

・FX証拠金維持率の考察

今回の3パターンは、一例としてボーダーラインを引いてみました。トルコリラサヤ取りにおいては、レバレッジを2桁にするのはリスクが高そうです。自分で納得のいく数字を見つけて、運用すると良いでしょう。

売りと買いのボーダーラインの高さが違うことから、サヤ取りの天秤は平行を保つのではなく上図のように買い側に資金を多くして、わざと傾けなければなりません。今回のように、1日の値動きに対応する場合、振替で即時に資金移動を使えると有利になります。また、維持率の毎日チェックは欠かかさず、必要に応じて資金移動やOCO注文の更新を行うことが重要です。ここら辺は、運用している口座や投資に費やせる時間によって、人それぞれだと思います。

 

というわけで、今回は以上です。

 

 

-投資関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE