投資関連

南アフリカランドでサヤ取り【適正なレバレッジを探る】

南アフリカランドでサヤ取り(アービトラージ)は可能なのか?

過去10年分のレートを用いて解説します。

 

✅南アフリカランドでサヤ取りは可能か?

✅可能な場合、どれくらいの利益が得られそうなのか?

✅レバレッジや証拠金維持率はどれくらいに設定すればいいか?

→このような疑問について、解説していきます。

 

通常

 

 

最近の高金利通貨の情勢

ここ最近の高金利通貨といえば、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドですね。

 

トルコリラの政策金利の推移

トップで高かったトルコリラの政策金利も、ここ最近は下がってきました。

ピーク時の政策金利は、 24% でしたが、現在は 10.75% と半分以下になっています。

これに伴い、トルコリラサヤ取りの収益が減少してきました。

 

メキシコペソの政策金利の推移

メキシコペソに関しては、

2019年の6月 8.25% を最後に、現在は 7.00% です。

 

南アフリカランドの政策金利の推移

南アフリカランドの政策金利の推移グラフです。

 

2019年まで 6.50%でしたが、2020年1月から 6.25%です。

とはいえ、他の高金利通貨に比べるとかなり安定しています。

 

南アフリカランドでサヤ取りは可能なのか?

結論から言うと、南アフリカランドでサヤ取りは可能です。

 

サヤ取りの状況を知るためには、次の 4つのSTEP で確認します。

スワップ確認 → サヤ取り計算

スプレッド確認 → スプレッド損失計算

レバレッジ(証拠金維持率)確認 → リスク確認

年利確認

 

まずは、サヤ取り(アービトラージ)の第一歩とも言えるスワップから確認してみましょう!

 

①スワップ確認【南アフリカランド】

買いスワップが高くて、売りスワップが低くないと、

サヤ取り(アービトラージ)が成り立ちません!

 

国内FX業者のスワップをざっと調べて見た所、

サヤ取り(アービトラージ)が成り立つ業者がありそうです。

 

まず、買いの業者はこちらです。

【買いの業者】

①ヒロセ通商 LION FX

2020年2月の南アフリカランドの買いスワップは、全て+150円 でした。

10万通貨あたりのスワップです。

 

ヒロセ通商 「 LION FX 」の公式ページ

 

 

②アイネット証券 ループイフダン

2020年2月の南アフリカランドの買いスワップは、全て+16円でした。

こちらは、1万通貨あたりのスワップなので、10万通貨あたりでは、+160円 です。

 

アイネット証券「 ループイフダン 」の公式ページ

 

 

次は売りの業者です。

【売りの業者】

GMOクリック証券 FXネオ

2020年2月の南アフリカランドのスワップです。

こちらは、10万通貨あたりのスワップです。

 

売りスワップは、

-100円が11日分

-90円が15日分

-80円が1日分

 

平均すると -94円  でした。

 

 

南アフリカランドのサヤ取り額

上記より、少なくともサヤ取り(アービトラージ)が、成り立つ事は確認できました。

 

買いの業者は、ヒロセ通商 LION FX 売りの業者はGMOクリック証券 FXネオで運用する場合、

サヤ取りは、150 - 94 = +56

56円です。

 

1日のサヤ取りは 、10万通貨( 10 lot )あたり、56円です。

 

 

ちなみに、ここ最近の南アフリカランドのレートは、約7.3円ぐらいです。

 

②スプレッド確認【南アフリカランド】

業者によってスプレッドの違いが大きいので注意が必要です。

 

スプレッドによる損失は回収するまでに、1週間~数ヶ月の期間がかかり、業者によって大きな差が生じます。

 

メキシコペソでのスプレッドは、0.2銭から4銭と20倍近く違いがあります。

 

確認を怠って、スプレッドが広いところで取引をすると、サヤ取り(アービトラージ)では致命的です。

 

上記に挙げた業者のスプレッドは以下のとおり。

✅ヒロセ通商「 LION FX 」 → 0.009円(0.9銭)

✅アイネット証券 「 ループイフダン 」 → 0.070円(7銭)

✅GMOクリック証券「 FXネオ 」 →  0.010円(1銭)

 

アイネット証券「ループイフダン」は、スワップは一番良いのですが、

スプレッドが広すぎるためヒロセ通商で運用を仮定します。

 

スプレッド損失の計算

0.009 + 0.010 = 0.019

10万通貨なので

0.019 × 100,000 = 1900円

 

→スプレッド損失は、10万通貨( 10 lot )あたり、1900円

 

 

1日のサヤ取りは 、10万通貨( 10 lot )あたり、56円だったので、

1900 / 56 =  33.9

 

スプレッド損失を取り戻すのに、34日かかります。

 

あとは、収益とリスクの大きさと日々の管理の問題です。

 

 

③レバレッジ(証拠金維持率)とリスク確認【南アフリカランド】

 

まず、1日の値動き(変動率)を示した過去10年分のグラフを上に参照します。

 

レバレッジや証拠金維持率はどれくらいにすれば良いか?

この過去のレート変動率より、適正なレバレッジと証拠金維持率を探っていきます。

 

当然ながら、レバレッジをあげれば利益は増えますが、合わせてリスクも増えます。

資金移動をこまめに行うと仮定した場合、出金処理は大抵1営業日ほどで完了しますので、

1日おける最大の値動きをカバーできれば、大抵ロスカットは免れるかと思います。

 

1番大きな棒がすぐに分かると思います。

 

これは、2016年6月24日につけた南アフリカランド円の史上最安値 6.39円の日で、

・中国の景気後退によるリスクオフ

・イギリスのEU離脱決定

が原因です。

 

この10年間の1日変動率を、全てカバーする場合、

売りポジション側は、+7%

買いポジション側は、-15%

これをカバーできれば、1日でロスカットされることはないということになります。

 

▼証拠金維持率・実効レバレッジ・変動率の関係▼

この関係表より

☑️売りポジション側の変動率 7% に耐えるには、

・証拠金維持率は、 275%以上

・レバレッジは、 9.1倍以下

☑️買いポジション側の変動率 -15% に耐えるには、

・証拠金維持率は、 475%以上

・レバレッジは、 5.3倍以下

これで、過去10年間の1日変動率を全てカバーできます。

 

また、過去10年間の1日変動率を、全てカバーするのではなく、

あまりに大きなものを除外して考えた場合、

☑️売りポジション側の変動率は 7%

・証拠金維持率は、 275%以上

・レバレッジは、 9.1倍以下

☑️買いポジション側の変動率は -9%

・証拠金維持率は、 325%以上

・レバレッジは、 7.7倍以下

このように、過去10年間の1日変動率を概ねカバーすると利益は上がります。

 

それでは、これらのレバレッジ証拠金維持率で、年利はどうなるのか?

 

④年利確認

 

☑️過去10年の1日変動に全て耐える場合

<売りポジション側 変動率 7%

・スワップ 15円

・スプレッド 0.010円

・レバレッジ 9.1倍以下

<買いポジション側 変動率 -15%

・スワップ -9.4円

・スプレッド 0.009円

・レバレッジ 5.3倍以下

  年利 → 8.5%

 

☑️過去10年の1日変動に概ね耐える場合

<売りポジション側 変動率 7%

・スワップ 15円

・スプレッド 0.010円

・レバレッジ 9.1倍以下

<買いポジション側 変動率 -9%

・スワップ -9.4円

・スプレッド 0.009円

・レバレッジ 7.7倍以下

  →年利 10.7%

 

ここ3年の南アフリカランド円は安定しているので、

2つ目のパターンでも大丈夫な気がします。

 

【まとめ】南アフリカランド円のサヤ取りとレバレッジ

南アフリカランドサヤ取りのポイントをまとめます。

☑️ヒロセ通商「 LION FX 」で買い、GMOクリック証券「 FXネオ 」で同数売る

☑️サヤ取りは、1日 56円 / 10 lot

☑️スプレッド損失を 取り戻すのに 1カ月ほどかかる (1900円 / 10 lot)

☑️年利10%前後で運用可能 (過去10年の1日変動率をカバーする場合)

南アフリカランドのレートと政策金利は割と安定しているので、他通貨のサヤ取りが不安定ならば、乗り換えるのもありです。

 

というわけで、今回は以上です。

-投資関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE