ブログ関連

もしもアフィリエイトからAmazon・楽天・Yahoo!と提携!審査や紹介料は?

もしもアフィリエイトは、Amazon、楽天、Yahoo!の3社から商品が紹介できる大手のASP。本家との審査や紹介料の違いは?とくに便利な「かんたんリンク」機能の特徴を把握して、どんどん商品を紹介しよう!

 

もしもアフィリエイトの・・

✅メリットとデメリットは?

✅登録の方法は? 未成年でも大丈夫?

✅本家Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト との違いは?

✅「かんたんリンク」って カエレバ や Rinker と使い分ける必要があるの?

こんな疑問を持っている人は、本記事を参考にして下さい。

 

・もしもアフィリエイトのメリット

 

なんと言っても大きなメリットはコレ!

Amazon楽天Yahoo! の広告掲載がすぐにできる!

 

もしもアフィリエイト経由で、Amazon・楽天・Yahoo!と提携が3つ同時にできて商品紹介ができるところ。特に本家Amazonアソシエイトは審査が厳しく、残念ながら審査に落ちるという人も少なくない。

 

しかし、もしもアフィリエイト経由だと比較的審査がゆるく、本家Amazonアソシエイトで審査に落ちたサイトでも、問題なく審査に通るケースが多い審査期間は、数時間〜数日程度の待ちが有り、提携承認のメールを待つことになる。

 

楽天とYahoo! に関しては、すぐに広告掲載が可能な即時提携となっている。

 

もしもアフィリエイトは年齢制限をしていないので、未成年でも登録は可能となっている。ただし、Amazonの提携は未成年は禁止されている。

 

また、未成年とはいえ、売買上の責任問題は発生するので、正しい情報でサイトを運用しなければならない。

 

税金の支払い義務が生じるほど稼いだ場合は確定申告が必要だが、未成年だけで税務処理はできない。稼いだ金額によっては、扶養控除から外れる可能性もあるので、事前に保護者に相談しておこう。

 

→扶養控除について「国税庁 No.1180 扶養控除」

 

・もしもアフィリエイトの登録方法 【画像付きで解説】

まずは公式ページに進んで、下の画像の通り登録をしよう!

「もしもアフィリエイト」の公式ページ

 

→こちらの画面に進んだら、「会員登録をする(無料)」をクリック。

 

→「メールアドレス」を入力する。

 

→登録したメールに、仮登録完了のお知らせが届くので、本登録のURLをクリックする。

 

→「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、「次に進む」をクリックする。

 

→それぞれをを入力し、「次に進む」をクリックする。

 

→「利用規約に同意して登録する」をクリックする。

 

→「サイトを登録する」をクリックする。

 

→「サイト名」と「URL」を入力し、チェックを外さず(推奨)に次に進めば・・

 

もしもアフィリエイトの登録は完了!

 

・もしもアフィリエイト 経由で Amazon、楽天、Yahoo!と提携する方法

【もしもアフィリエイト経由】楽天との提携

上記の登録で、楽天市場のチェックを有効にしていれば、楽天との提携は自動的に完了している。

 

【もしもアフィリエイト経由】Yahoo!との提携

次は、Yahoo! との提携。

→トップページ上部の検索欄に「Yahoo!」を入力し検索をクリック。

 

→Yahoo!ショッピングが出現するので、「提携申請する」をクリック。

 

→即座に「提携中」となるので、これでYahoo!との提携は完了

 

【もしもアフィリエイト経由】Amazonとの提携

続いて、Amazonとの提携。

→トップページ上部の検索欄に「Amazon」を入力し「検索」をクリックする。

 

違うプロモも多くヒットするが、後ろの方にある「Amazon.co.jp」を探す。

→「提携申請する」をクリック。

 

未成年の場合・・・

→このようなメッセージが出て、提携できないので諦めよう!

 

通常、審査には数時間〜1日程度かかり・・

→承認されたら、このようなメールが届く。

 

→「提携中」となるので、これでAmazonとの提携は完了

 

・もしもアフィリエイトと本家 Amazon・楽天・Yahoo!との違い

Amazonの商品紹介料の違いは?

【本家Amazonアソシエイト】Amazon の商品紹介料

 

【もしもアフィリエイト経由】Amazon の商品紹介料

 

見比べて見てもらうと分かるが、

Amazonの商品紹介料率は、全く同じとなっている。

 

続けて無料体験など報酬が高い紹介プログラムはどうか?

Amazonプログラムの紹介料の違いは?

【本家Amazonアソシエイト】Amazonプログラム紹介料

 

【もしもアフィリエイト経由】Amazonプログラム紹介料

 

ちょっと比べにくいので、比較表にしてみた。

【比較表】Amazonの無料体験登録

紹介プログラム Amazonアソシエイト もしもアフィリエイト
Amazon プライム 500円 500円(1人1回まで)
Prime プライム ビデオ 500円 500円
Amazon Prime Video チャンネル 500円 対応していない
Amazon Prime Music 500円 対応していない
Amazon ファミリー 1,000円 1,000円
Prime Student 1,000円 1,000円
Kindle Unlimited 500円 500円
Amazon フレッシュ 500円 500円
Amazon Music Unlimited 1,000円 対応していない
Amazon ベビー レジストリ 500円 500円
Amazon Audible 3,000円 1,500円
Amazon ビジネス 3,000円 3,000円

こちらも、金額についてほぼ同様なのですが・・Amazon Audible」だけ 2倍も差があり、プライムの無料体験登録が1回までと不利なところもある。(もしもアフィリエイトの誤記載の可能性があるので、現在問い合わせ中。もしもアフィリエイトが修正されれば、本記事も修正予定。)

 

Amazonの無料体験プログラム紹介は、若干違いがあり。Amazonアソシエイトを利用する方が良さそう。

 

楽天の商品紹介料率の違いは?

【本家 楽天アフィリエイト】楽天市場の商品紹介料

 

 

【もしもアフィリエイト経由】楽天市場の商品紹介料

 

表を見比べるのが面倒なので結論↓

楽天の商品紹介料率は、全く同じとなっている。

以前は、もしもアフィリエイトからの楽天紹介料率が1%固定であった。現在は同じ料率となっているので、もしもアフィリエイトが断然便利!その理由はこの先の記事で分かるだろう。

 

Yahoo!の商品紹介料率の違いは?

Yahoo!ショッピングに関しては、本家というより、バリューコマースとの比較になります。

 

【もしもアフィリエイト経由】Yahoo!ショッピングの商品紹介料

 

【バリューコマース経由】Yahoo!ショッピングの商品紹介料

 

バリューコマースの方が若干高いが、元が低いので気にするレベルではなさそう。

 

「バリューコマース」の公式ページ

 

cookie保存期間の違いは?

cookie保存期間というのは、記事に掲載した広告リンクをクリックされてから、いつまでに購入すれば報酬が有効であるかを示す。しばらく各サイトの引用文になるので、読むのが面倒なら比較表までサラッと進めよう。

【本家 Amazonアソシエイト】cookie保存期間

リンクをクリックして、訪問者がAmazon.co.jpを訪れた後、24時間以内にショッピングカートに追加された商品が、紹介料の対象となります。ただし、訪問者が商品を注文したり、別のアソシエイトリンク(アフィリエイトリンク) 経由で注文した場合、その時点でセッションは終了となります。ショッピングカートが期限切れになっていない限り、通常は90日間有効です。(一部引用)

 

【もしもアフィリエイト】cookie保存期間

Amazonに関しては、アフィリエイトリンクのクリック後、24時間以内の商品購入、出荷時点で成果が発生。(一部引用)

 

【楽天アフィリエイト】cookie保存期間

成果報酬発生の有効期間は、ユーザーがアフィリエイトリンクをクリック後、24時間内に商品を楽天の「買い物かご」に入れ、クリック後89日以内に購入、予約、申込までを完了した場合になります。(一部引用)

 

振込可能額の違いは? 最低いくらで貰える?

【本家 Amazonアソシエイト】振込可能額

Amazonギフト券での支払いを選択した場合、最低支払い金額は500円です。銀行振込の場合は5,000円となります。これを満たさない紹介料は、翌月に自動的に繰り越されます。(一部引用)

 

【もしもアフィリエイト】振込可能額

当月に承認された成果金額が1,000円以上。住信SBIネット銀行は1円以上。(一部引用)

 

【楽天アフィリエイト】振込可能額

毎月の成果報酬お支払いの際に、月間3,000ポイントまでは楽天ポイントで1ポイントからお支払いします。当月の確定成果報酬の金額が3,000ポイントを超える場合、3,001ポイント以上の成果報酬を楽天キャッシュでお支払いします。3か月連続で月間5,000ポイント以上の成果報酬を受け取られている方は審査が必要ですが、銀行振込への切り替えも可能です。(一部引用)

 

振込反映期間の違いは? 最短でどれくらいでお金が入るの?

【本家 Amazonアソシエイト】振込反映期間

紹介料は、支払い分が発生した月の末日(その月の末日の午後11時59分)から約60日後に、銀行振込、Amazonで使えるギフト券のいずれかで支払われます。(一部引用)

 

【もしもアフィリエイト】振込反映期間

翌々月末にボーナス報酬とともに指定の銀行口座へ振り込まれます。(一部引用)

 

【楽天アフィリエイト】振込反映期間

成果報酬は毎月1日から末日までに発生した成果が基本的に成果発生の翌月末に確定します。確定した成果報酬のお支払いは、成果発生の翌々月10日ごろとなります。(一部引用)

 

振込手数料の違いは? 安いに越したことはない!

【本家 Amazonアソシエイト】振込手数料

銀行振込で紹介料を受け取る場合、都度300の手数料がかかります。(一部引用)

 

【もしもアフィリエイト】振込手数料

口座へのお振り込み手数料はもしもが負担いたします。(一部引用)

 

【楽天アフィリエイト】振込手数料

振込先の口座を楽天銀行にした場合、振込手数料が30円と、他行よりお得になっています。他行の場合、250。(一部引用)

 

【比較表】もしもアフィリエイト・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト

Amazonアソシエイト もしもアフィリエイト 楽天アフィリエイト
cookie 24時間以内にカート。90日内に購入 24時間以内に購入 24時間以内にカート。89日内に購入
振込 可能額(現金) 5,000円〜 1,000円〜 (住信SBIは1円〜) 3,000円〜
振込 可能額(ポイント等) Amazonギフト 500円〜 対応なし 楽天ポイント 1〜
振込 反映期間 翌々月末日 翌々月末 翌々月10日
振込 手数料 300円 無料 250円(楽天銀行 30円)

 

本家が、24時間以内にカートに入れてしまえば良いのに対し、もしもアフィリエイトでは24時間以内に購入と少し壁が高く感じるかもしれない。

しかし、90日以内に購入とはいえ、この間に他のサイトを踏まれたら、報酬の権利は無くなってしまう。ここは、あまり気にせず、現金による振込可能額の低さや手数料が無料というメリットを活かす方が良いと思われる。

・もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」の使い方 【便利すぎ!】

もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」は、商品紹介のアフィリエイトをするのに便利!


このような広告のことだが、商品を購入するための3社のボタンが付いている。普段使う購入サイトやポイントを集めるサイトが人によって違うため、目当てのサイトから購入できるようになっている。こうすることで、他のページに移動されずに紹介が可能だ。

 

かんたんリンクの使い方(画像付きで解説)

→もしもアフィリエイトにログイン。トップページにある「かんたんリンク」をクリックする。

 

→紹介したい商品のキーワードを入力し、虫メガネをクリックする。

 

→下に検索結果が出るので、紹介したい商品をクリックする。

 

→かんたんリンクのプレビューを確認し、とソースコードをコピーする。

 

→記事に貼り付ければ、このように表示される。

 

以上が「かんたんリンク」を貼り付けるまでの手順となっている。とてもかんたんで便利すぎ!

 

かんたんリンク・カエレバ・Rinker の使い分け

かんたんリンクと同じような機能で、「カエレバ」と「Rinker」は少し違った特徴がある。

 

もしもアフィリエイトは、Amazon、楽天、Yahoo! の3社と提携できるが、かんたんリンクでは、この3社以外の広告リンクは作成することができない。

ちなみに「7net」も即時提携できるが、かんたんリンクには貼れない。

 

▼かんたんリンクで作成▼

 

それに引き換え、カエレバは、この3社以外に「7net」や「ベルメゾン」「セシール」「Wowma!」のリンクが作成できる。ちなみに、カエレバのサイトからブラウザ上でコードが容易に作成できる。

▼カエレバで作成▼

 

一方、Rinkerは、自由にボタンが作成できるので、他にもたくさんのリンク先を並べることができる。 ちなみに、Rinkerは外部サイトからプラグインをダウンロードして設定する必要がある。

(Rinkerのリンク作成は割愛)

 

カエレバとRinkerは3社以外の広告リンクができるメリットがある反面、もしもアフィリエイト・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・Yahoo! 等、それぞれのサイトで報酬が分散されてしまい振込可能な最低額までのロスが多いことに注意が必要です。

 

他にも上述した通り、cookieの保存期間、振込反映期間、振込可能額、振込手数料に違いがあり、何が何だか把握するのが難くなる。リンクを見比べて気付いた人もいるかと思うが、もしもアフィリエイトのかんたんリンクでは、商品画像を左右にスクロールすることができる。

 

リンク先はAmazonのクリック率が圧倒的に高く、次いで楽天やYahoo!となっており、7netやその他のボタンを並べたい!という人以外は、もしもアフィリエイトに統一するのがオススメ!

 

・もしもアフィリエイトとAmazon・楽天・Yahoo!の関係【まとめ】

【登録と提携】

☑️もしも登録は審査なし。(未成年可)

☑️Amazonと提携しやすい(未成年不可)

☑️Amazon・楽天・Yahoo!の3社とすぐに提携。

【紹介料率】

☑️本家Amazonや楽天と商品紹介料率は変わらない。

☑️Yahoo!ショッピングは若干、バリューコマースに劣るが気にするレベルではない。

☑️Amazonの紹介プログラムに関しては、本家「Amazonアソシエイト」の方が良い。

【振込について】

☑️報酬の振込手数料は、無料。

☑️報酬の最低振込額は 1,000円。

【その他】

☑️「カエレバ」や「Rinker」も便利だが、「かんたんリンク」で一本化がオススメ!

もしもアフィリエイトに特に大きなデメリットはなく、あえて挙げるとしたら、Amazonの紹介プログラムが本家に劣るくらい。ここだけ、Amazonアソシエイトを利用すれば良いので、大した問題ではない。

 

というわけで、

もしもアフィリエイト「かんたんリンク」は便利すぎるので、どんどん使って商品を紹介しよう!

 

「もしもアフィリエイト」の公式ページ

 

【もしもアフィリエイト以外にも登録しておきたいASP】

【アフィリエイト】初心者にオススメのASP 5選   ※登録も利用も無料

 

【当ブログのWordPressテーマ】

AFFINGER5(WING)

ブロガーが収益化するための最強テーマ ¥14,800

下のボタンから購入すれば、カスタマイズがわかりやすい当サイト限定特典がついてくる。

\\\\当サイト限定特典付き ////

「Affinger5 」を購入(限定特典付き)

【最強の有料テーマ】Affinger5(WING)は収益化したいブロガーにオススメ(WordPress)

-ブログ関連
-

© 2020 『自由の翼』ブロガーLIFE